「我々は地球外生命体に監視され、研究されている」MIT天文学者が結論! 宇宙人にとって人類は珍獣レベル、「動物園仮説」を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「我々は地球外生命体に監視され、研究されている」MIT天文学者が結論! 宇宙人にとって人類は珍獣レベル、「動物園仮説」を徹底解説!
 1950年、物理学者のエンリコ・フェルミは極めて素朴な問いを発した――「彼らはどこにいるのだろうか?」。“彼ら”とはもちろん地球外知的生命体のことである。130億年以上ある宇宙年齢と宇宙空間に無数に存在する恒星の数を考えてみれば、地球のような惑星に人類のような知的生命体が発生していてもおかしくはない、いやむしろ、いない方がおかしい。それなのに、なぜ我々は彼らを観測することができないのか? こ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら