健康な我が子に必要のない大手術を13回受けさせた鬼畜母! 真の動機と「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは!?=米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健康な我が子に必要のない大手術を13回受けさせた鬼畜母! 真の動機と「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは!?=米
 オルタナティブ・ニュースサイトの「Oddity Central」(12月15日付)によると、テキサス州ダラスに住むケイレーン・ボーウェン-ライト被告(34歳)は健康体の我が子に対し、323回もの通院と13回の医学的にまったく無意味な手術を受けさせていたという――。■息子に必要のない手術を13回受けさせた鬼畜母 悲劇の始まりは、2009年に息子クリストファー君が未熟児として生まれてきた直...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら