バッキバキに剥き出しの“東京”を撮る写真家・新納翔! 圧倒的な都市の“核”を捉えた写真集『PEELING CITY』を語る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バッキバキに剥き出しの“東京”を撮る写真家・新納翔! 圧倒的な都市の“核”を捉えた写真集『PEELING CITY』を語る!
 東京のドヤ街・山谷に7年間住みながら“日雇い労働者の街”を撮り、その後、警備会社に約2年間勤めながら移転問題に揺れる築地を中から撮影した写真家・新納翔が、10年間の集大成となる新たな写真集『PEELING CITY ― 都市を剥ぐ』(ふげん社)を発表した。1月25日より吉祥寺のbook obscuraにて『PEELING CITY』の写真展(詳細はコチラ)も行われている。 およそ10年...

    今月のフォト

    即身仏、イタコ、修験道、婆バクハツ、東京の闇…神レベルの写真展「内藤正敏 異界出現」がマジやばい!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら