【反出生主義】子どもを作ることは倫理的・哲学的な絶対悪! ベネタ―哲学『生まれてこないほうが良かった』訳者・小島和男准教授インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【反出生主義】子どもを作ることは倫理的・哲学的な絶対悪! ベネタ―哲学『生まれてこないほうが良かった』訳者・小島和男准教授インタビュー
『生まれてこないほうが良かった』――そんな衝撃的な題名の哲学書の邦訳が2017年10月に出版された。著者は南アフリカ共和国のケープタウン大学教授であるデイヴィッド・ベネター。原書は2006年に出版され、哲学業界では大きな話題になっていた。本書の中でベネターは「(人間を含むすべての感覚のある存在者は)生まれてこない方が良かった」とする「反出生主義」を大真面目に主張した。 ベネターはどのような...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら