【反出生主義】ヤバすぎる哲学書『生まれてこないほうが良かった』が日本上陸! アンチナタリズムから哲学を楽しもう!(小島和男准教授)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【反出生主義】ヤバすぎる哲学書『生まれてこないほうが良かった』が日本上陸! アンチナタリズムから哲学を楽しもう!(小島和男准教授)
「(人間を含むすべての感覚のある存在者は)生まれてこない方が良かった」とする「反出生主義」を提唱する過激な哲学書が話題になっていたことがある。南アフリカ共和国のケープタウン大学教授であるデイヴィッド・ベネターが2006年に出版した『生まれてこないほうが良かった 存在してしまうことの害悪』である。2017年10月には待望の邦訳が出版された。翻訳を手がけた学習院大学の小島和男准教授に話を聞いてみた...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら