暴力や犯罪を起こしやすい脳がある?銃乱射犯には脳腫瘍があった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
暴力や犯罪を起こしやすい脳がある?銃乱射犯には脳腫瘍があった!
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 米バンダ―ビルド大学メディカルセンター(VUMC)の神経学助教授であるRichard Darby氏が主導する研究班は、「犯行前に脳の異常(脳病変)が確認されていた犯罪者17人」の脳画像データをマッピングした。 その結果、各犯罪者たちの障害部位は十人十色、さまざまな脳領域に位置してはいたものの、17人全員...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら