【取材】20年以上“人間のマンダラ”を撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【取材】20年以上“人間のマンダラ”を撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!
 仏教の世界観を1枚の平面で表現したマンダラ。 写真によって「人間を取り巻く世界の物語」、さしずめ「現代日本のマンダラ」を視覚化する作家・宇佐美雅浩さんの新作展、『Manda-la in Cyprus』が、3月24日まで、東京・市ヶ谷のミヅマアートギャラリーで開催されている。 作品のロケ地は、キプロス。 四国の約半分ほどの面積のこの小国は、1974年のクーデターに伴うトルコの軍事介...

    今月のフォト

    即身仏、イタコ、修験道、婆バクハツ、東京の闇…神レベルの写真展「内藤正敏 異界出現」がマジやばい!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら