奇習! 箱詰めにされた全裸の少女たちは“実験動物”だった ― 大阪の勤労少年が見た敗戦国の哀しい現実とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奇習! 箱詰めにされた全裸の少女たちは“実験動物”だった ― 大阪の勤労少年が見た敗戦国の哀しい現実とは?
【日本奇習紀行シリーズ】 大阪 日本の歴史に残る紀行文『奥の細道』を著した俳人・松尾芭蕉は、名作『野ざらし紀行』の中で、旅の道中で稚児と出くわした際の逸話として、「富士川のほとりを行に、三つ計なる捨子の哀げに泣有。この川の早瀬にかけて、うき世の波をしのぐにたえず、露計の命を待まと捨置けむ。小萩がもとの秋の風、こよひやちるらん、あすやしほれんと、袂より喰物なげてとをるに、猿を聞人捨子に秋の...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら