19世紀フランスの精神病院で撮影された女性患者5名の写真に衝撃! どんな病気も「ヒステリー」と診断、強制収容&子宮摘出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
19世紀フランスの精神病院で撮影された女性患者5名の写真に衝撃! どんな病気も「ヒステリー」と診断、強制収容&子宮摘出
 これらの写真は1878年から1910年の間に、当時は悪名高かったパリのサルペトリエール病院で撮影された。撮影者は医療専門写真家のアルベール・ロンドで、彼は神経科医ジャン=ルタン・シャルコーに頼まれ、これらの写真を撮影した。■19世紀の女性精神病患者たち 当時サルペトリエール病院は女性精神病患者を専門に収容していたが、実際には売春婦も収容されていたという。ビクトリア朝時代、拒食症やヒステ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら