奇習! 宣教師と共に来日した黒人奴隷たちの“その後” ― 各地の女と交わり、やがて“濃い顔立ちの人々”のルーツに!?=近畿地方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奇習! 宣教師と共に来日した黒人奴隷たちの“その後” ― 各地の女と交わり、やがて“濃い顔立ちの人々”のルーツに!?=近畿地方
【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方 中世に描かれた屏風絵『洛中洛外図』の中に、白人宣教師やその従者と思しき黒人の姿が描かれていることや、戦国武将・織田信長が、自ら「弥助」と名づけた黒人侍を傍に置いていたことからもわかるように、日本には比較的古い時代から、アジア人以外の外国人が暮らしていた。しかし、本能寺の変を境に行方をくらましたという弥助がそうであったように、その大半は時代の変遷と共に姿を...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら