「北朝鮮の公開処刑は何度も見た」「内臓が飛び散ることも」脱北作家が処刑のリアルを語る! 口に猿ぐつわを嵌めて…(金柱聖インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「北朝鮮の公開処刑は何度も見た」「内臓が飛び散ることも」脱北作家が処刑のリアルを語る! 口に猿ぐつわを嵌めて…(金柱聖インタビュー)
 4月に『跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体』を上梓した作家・金柱聖(キム・ジュソン)氏は、関西生まれの在日3世である。多感な少年時代に「夢の楽園」とされた北朝鮮に祖父母と渡る。しかし、そこは思い描いていた楽園からは程遠い地獄であった。北朝鮮では、組織生活や労働を強要され、集団に従属しなければならない個人の自由などまったくない極貧生活を過ごさなければならなかったのである。祖父母を亡くした後、...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら