篠田麻里子、榮倉奈々… 声優を務めて批判された芸能人4人「棒読み」「見るき無くなる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
篠田麻里子、榮倉奈々… 声優を務めて批判された芸能人4人「棒読み」「見るき無くなる」
 芸能人がアニメや映画の吹き替えを担当することはそう珍しくないが、視聴者から厳しい声が上がることもしばしば。2012年に公開された米映画『TIME/タイム』で日本語吹き替えの声優を務めた元AKB48のメンバー・篠田麻里子(32)もその一人。同作でヒロイン役を演じたが、SNSでは「篠田の吹き替えは酷かった」「吹き替えがダメ過ぎて途中で見る気が無くなる」などと厳しいバッシングが。『コージジ苑』...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら