奇習! “子種を輸出するため”に明治時代に海を渡った先人たちの裏歴史! 何人もの女性と子どもをもうけて…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奇習! “子種を輸出するため”に明治時代に海を渡った先人たちの裏歴史! 何人もの女性と子どもをもうけて…
【日本奇習紀行シリーズ】 中部地方 1992年に公開された佐藤純彌監督の映画『おろしや国酔夢譚』では、江戸時代の船頭・大黒屋光太夫が漂流し、鎖国期ならではの苦難に翻弄されつつも、祖国である日本への帰郷を懸命に目指す姿が描かれていた。また、浜田彦蔵や中浜万次郎(ジョン万次郎)のように、突然見舞われた海難事故によって、“閉ざされた日本”という国から、はからずも海を渡るハメになった人々もいる。し...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら