Photogallery

“太陽を食べて生きる” — サンゲイジングの魅力

丘からの夕暮れ(カリフォルニア州Paradiceにて)。都会ではビルに阻まれたり、時間に追われなかなか見る機会がない。  ある時、美しい夕暮れを見ながら、...

NEW  2014.04.12
“太陽を食べて生きる” — サンゲイジングの魅力

【軍艦島】立ち入り禁止区域に、秘境写真家・酒井透が迫る!

 平成26年(2014年)1月29日、政府は、平成27年(2015年)の国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録に向けて『明治日本の産業革命遺産 ...

NEW  2014.03.23
【軍艦島】立ち入り禁止区域に、秘境写真家・酒井透が迫る!

純血を貫くバリ原住民の村「トゥガナン村」 禁じられた結婚とは?

この村には掟がある。 「村の外の人間と、結婚してはいけない。もしもそれを破った場合、村から出ていかなければならない……」 村に流れる純粋な血を絶やさ...

NEW  2014.02.28
純血を貫くバリ原住民の村「トゥガナン村」  禁じられた結婚とは?

日本版バンクシーが渋谷に!? 震災復興メッセージを含んだ街中の落書き 【タギングアート】

【第1回はコチラ】  第2回目は、2011年の震災以降のタギングの特集だ。意図が不明確なタギングが増え続ける一方で、2011年3月以降はメッセージが強く盛り込...

NEW  2014.02.24
日本版バンクシーが渋谷に!? 震災復興メッセージを含んだ街中の落書き 【タギングアート】

「余震に揺られながら勃起した」 芸術家・笹山直規が唱える“日本人全員マゾヒスト”説とは?

【前編はコチラ】 ■気づいてしまった、反復脅迫願望 ――笹山さんが提唱されている「日本人全員マゾヒスト説」を教えてください 笹山 原爆を落とされたトラ...

NEW  2014.02.01
「余震に揺られながら勃起した」 芸術家・笹山直規が唱える“日本人全員マゾヒスト”説とは?

「映画で見た血が美しかった」 “轢き殺されたお姉さん”を描く笹山直規の頭の中

 生と死に囚われた表現者、笹山直規。彼の作品を見て、一言で「怖い」…そう、感じる人もいるかもしれない。けれども、自分の欲望を極限まで忠実に描くこの作家の作...

NEW  2014.01.31
「映画で見た血が美しかった」 “轢き殺されたお姉さん”を描く笹山直規の頭の中

Eccentric Tagging in Tokyo 〜ストリートにインスタレーション空間を生み出すタギングの世界~

東京の繁華街で、スプレーやステッカーで同じような形式で至る所に描かれたり貼られている落書き、それらはタギング(Tagging)と呼ばれている。 そう呼ぶ事も知ら...

NEW  2014.01.16
Eccentric Tagging in Tokyo 〜ストリートにインスタレーション空間を生み出すタギングの世界~

軍艦島に残された“炭鉱の遺構” ー 秘境写真家、国内最古のコンクリート建築30号棟に迫る

【第1回はコチラ】  2015年のユネスコの世界文化遺産登録に向けて、その航海を続けている軍艦島(長崎県長崎市端島)。  かつて軍艦島は、海底炭鉱の島として...

NEW  2014.01.12
軍艦島に残された“炭鉱の遺構” ー 秘境写真家、国内最古のコンクリート建築30号棟に迫る

神秘なる人骨 ー 生と死が共存するバリ島最後の秘境「風葬の村」トルニャン

※人骨が苦手な方は、3、6、7ページは開かないでください。  「楽園」と呼ばれ、世界中から観光客がひっきりなしに訪れるバリ島。しかし、独自の宗教や伝統文化...

NEW  2013.12.28
神秘なる人骨 ー 生と死が共存するバリ島最後の秘境「風葬の村」トルニャン

“廃墟マニア”の聖地・軍艦島から世界遺産へ - 秘境写真家・酒井透

 今、軍艦島(長崎県長崎市端島)にかつてないほど熱い視線が集まっている。  去る9月17日、政府は、2015年のユネスコの世界文化遺産登録に向けて「明治日本の...

NEW  2013.12.25
“廃墟マニア”の聖地・軍艦島から世界遺産へ - 秘境写真家・酒井透

【新連載】旅の果てに行き着いた圧倒的な風景たち ー 宇宙映像作家・髙橋哲平が見たもの

 これは旅に出る2カ月前、関東など一部地域で観測された金環日食(この数時間後、太平洋を渡りアメリカ西部でも観測された)。 「まあ、行ってみるか!」 F...

NEW  2013.12.17
【新連載】旅の果てに行き着いた圧倒的な風景たち ー 宇宙映像作家・髙橋哲平が見たもの

【写真多数】私の魂を揺さぶる風景があるはず 『死ぬまでに行きたい!  世界の絶景』

『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』(三才ブックス)  もともと旅好きだった詩歩さんが、自分が行ってみたいと思った風景写真を集めてフェイスブック(以下F...

NEW  2013.12.05
【写真多数】私の魂を揺さぶる風景があるはず 『死ぬまでに行きたい!  世界の絶景』

【写真多数】ゲテモノからの脱皮!? やたらお洒落な虫料理本『むしくいノート』の写真がハンパない【プレゼント】

『むしくいノート』(カンゼン)  食糧危機の深刻化により、国連が「人類が生き延びるには、虫を食さねばならない」と発言し、多数の企業が「食用昆虫」の可能性につい...

NEW  2013.11.18
【写真多数】ゲテモノからの脱皮!? やたらお洒落な虫料理本『むしくいノート』の写真がハンパない【プレゼント】

呼吸を可視化する『BREATH』の世界―池谷友秀

 すべての生命体にとって、必要不可欠な物質である「水」をテーマに作品を撮り続けている写真家、池谷友秀氏。  11月23日に刊行を予定している写真集『BRE...

NEW  2013.10.30
呼吸を可視化する『BREATH』の世界―池谷友秀

モヤイ像の寂しげな瞬間を激写!―iPhoneアプリ3種でプロ並みの写真ができる

 みなさん初めまして、ガジェットライターのJ4です。  iPhone5sが発売になり、その高いカメラ性能は一般のコンパクトデジカメを凌駕する勢いだ。  携帯...

NEW  2013.10.30
モヤイ像の寂しげな瞬間を激写!―iPhoneアプリ3種でプロ並みの写真ができる

【ヤバ画像】墓を掘り起こすインドネシア人 一体なぜ!?

 インドネシアのバリ島は、女の子たちに人気のある観光地です。南北に長く伸びたクタビーチから見る夕陽は美しいし、ウブドに行けばアジアン・リゾートをコンセプトにした...

NEW  2013.10.29
【ヤバ画像】墓を掘り起こすインドネシア人 一体なぜ!?

『クロユリ団地』より怖い! 「人骨」「731部隊」…日本で最も“死”に近いあの団地の怖いウワサ

 こんばんわ、オカルト・怪談を研究している、吉田悠軌と申します。  団地のある風景って、なんだかノスタルジーをそそりますよね。でも同時に「怖さ」も感じませんか...

NEW  2013.10.21
『クロユリ団地』より怖い! 「人骨」「731部隊」…日本で最も“死”に近いあの団地の怖いウワサ

沖縄の「世界一狭いホテル」!! “歩き回る自由”を奪う驚愕の狭さ!

 トンでもないホテルが沖縄県那覇市内にある。このホテルの最大の自慢は「世界一狭いホテル」であること。  別の建物にある受付で鍵をもらい、雑居ビルのエレベー...

NEW  2013.06.22
沖縄の「世界一狭いホテル」!! “歩き回る自由”を奪う驚愕の狭さ!