渡辺直美「本当は痩せてる説」が浮上!? 視覚情報に騙されてデブに見えていただけ

関連キーワード:

,

,

,

「『霊的レンズ効果』とは、強い霊感があると、周りの磁場を曲げてしまうというものです。その結果、光の屈折率に変化が生じ、空気の歪みによって膨張して見えてしまうというんですね。つまり、デブだから霊感があるのではなく、霊感があるからデブに見えてしまうということです」(オカルトに詳しいM氏)

 この「霊的レンズ効果」を他人に見える形にまで発することができる人間は、ごく僅かだという。地球はそれ自体が巨大な磁石であり、地磁場というものが存在するため、霊的レンズ効果を発揮するためには、その地磁場をかき消しても、なお余る程のパワーが必要なのだ。ゆえにデブの中でも、「霊的レンズ効果」で(実際にはデブではないのに)デブに見えてしまっている人に、周囲の人を引きつける力があるのも当然のこと。

「デブが本当にデブなのか、あるい『霊的レンズ効果』によるものかどうかを確認するのは難しい作業です。視覚情報に騙されることなく、目を閉じて接触してみればよさそうなものですが、触覚も磁場の歪みによってねじれている可能性もあります。何かに触れたという感覚は、脳に送られる電気信号であるため、その伝達が強力な磁場の下では正確に伝わらないのです」(同)

 さらに、落ち目のタレントがダイエット企画などに多く出る背景にも『霊的レンズ効果』潜んでいると氏は続ける。

「デブで人気のある芸能人がもし痩せたとしたら、それはダイエットのおかげではなく、自らの霊的パワーの現象が具現化した可能性があります。芸能界でもそのような話をよく聞きますから。今活躍しているデブタレントの渡辺直美さんも、プロフィールでは100キロを超えていると書いていますが、それは我々のレンズに合わせた体重で、実際は痩せている可能性もあります」(同)

 どの説が正しいのかはわかりかねるが、「デブと霊感は密接に関係していて、それゆえにデブに教祖が多く、モテる人が多い」ということに間違いはなさそうだ。
(アナザー茂)

※記事は、ハピズムより

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ