リアル『ムカデ人間』! ヒトラーに取り憑かれた医師、ヨーゼフ・メンゲレのグロすぎる実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■子どもを「私のかわいいモルモット」と呼んだメンゲレの異常な解剖

野心家だったメンゲレは、早く出世するためにナチス親衛隊・エリート部隊の”SS”に入隊。やがて、アウシュビッツ強制収容所の主任医官になった。

 メンゲレは、収容所の子どもたちに「おじさん」と呼ばれ、慕われていた。彼は子どもたちに優しく笑いかけ、お菓子をあげたり、バイオリンを演奏して聞かせてあげたりしていた。子どもたちを車に乗せて、楽しげに収容所内をドライブすることもあったという。

 だが、それから何日もたたないうちに、子どもたちは解剖台の上に乗せられ、メンゲレの手で身体を切り開かれるのだった。

 「私のモルモット……」彼は、収容所の子どもたちをそう呼んだ。

 メンゲレは子どもたちに容赦なく人体実験を行った。さまざまな薬液を注射したり、体液を搾り出したりするので、苦痛と恐怖のあまり子どもが泣き叫ぶと「実験結果が狂ってしまうじゃないか!」と彼は鬼のような形相で怒鳴りつけた。

 麻酔なしでの手術、生きたままの人体解剖、性器の切除や性転換手術、有害な病原菌や毒物の注入……。メンゲレは、ありとあらゆる残忍な手段で人体実験を行った。

 ある少年は麻酔なしで体を切り裂かれ、腎臓を取り出された。メンゲレの手の中で脈動する自身の腎臓を見た彼は、激痛と恐怖のあまり何度も「殺してくれ!」と叫んでいたという……。

 また、アウシュビッツ強制収容所では、囚人たちを乗せた列車がプラットフォームに到着すると、医師たちはガス室送りの者と、労働や人体実験に使えそうな者とをその場で選別していた。たいがいの医師はこの任務を嫌がったが、メンゲレは選別する時、アリアを口ずさみながら指揮をとるように「右、左~右、左~」と楽しそうに選別していた。そして、「双子、双子はいないか!」と大声で探し回ったのだった。

 特に、メンゲレは双子に対して異常な興味を示した。メンゲレは、アーリア人(ドイツ人)を効率的に増やすため、「双子の量産」をもくろんだのだった。

 当初は双子の身体の外観を比較するだけだったが、彼の実験は徐々にエスカレート。健康な双子の眼球を摘出して瞳の観察をしたり、また双子の瞳に絵の具を注射して瞳の色を変える実験なども行ったりした。双子の血液を入れ替える実験で、体中の血液を抜かれてしぼんだビニール袋のようになって子どもが倒れると、役立たずとしてその場で殺害した。

 狂気の実験に取り憑かれた彼は、人体を切ったりつなぎ合わせたり、めちゃくちゃな人体改造手術をするなど、その行為は残忍さを増していく。

 ある時、彼は双子の背中同士を縫い合わせ、「人工的なシャム双生児」を作り出した。2つの臓器が1つの身体で機能するかどうか実験したかったのである。しかし、縫い合わされた双子はその後、感染症にかかり体中を膿みただれさせ、悲惨な姿となった。苦しみもがく我が子を見るに忍びないと感じた両親が手術の三日後、絞め殺したという……。

 やがて、ドイツが敗戦間近になるとアウシュビッツ強制収容所も開放され、メンゲレは逃亡することとなる。

■メンゲレの逃亡と不思議な街

 メンゲレは終戦後、各国を転々と逃亡し、最終的にブラジルにたどり着く。

 メンゲレは存命中に、息子をブラジルへ招待したことがあった。息子が人体実験について父メンゲレに質問したところ「新聞に書かれているようなことは全て嘘だ。私は決して人に危害を加えたことなどない」と答えたという。1979年、メンゲレは海水浴中の心臓発作で死亡。彼は裁かれることなく最後まで逃げ切ったのだった。

 ブラジルの片田舎にあるカンディド・ゴドイという町では、「金髪とブルーの瞳」というナチスが唱えたアーリア人的な特徴を備えた「双子」が次々と生まれる。5件のうち1件は双子が生まれるという世界平均の約10倍という驚異的な出生率。「メンゲレと思われる医者に薬を提供された」という証言が残っており、事実、メンゲレは逃亡期間の大半をブラジルで過ごしている。ただ、住人がたまたま双子の生まれやすい遺伝傾向だったのか、メンゲレの手によるものなのか、ウワサの真偽は定かではない。

 メンゲレが崇拝していたヒトラーは「新人類誕生=超人」が生きる世の中の実現を目指していた。そして、世界最高峰の民族アーリア人による理想国家の樹立を夢見ていたのだった。ヒトラーを崇拝するメンゲレは自らの手で「新人類誕生=超人」を作り出せると考えていたのかもしれない。
(白神じゅりこ)

※記事は「ハピズム」より

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?