エホバの証人 乱れた性概念に、増加するペドフィリア・幼児虐待

関連キーワード:

,

,

 今から10年前、米紙ニューヨーク・タイムズが、過去60年間で米国カトリック教会の1,200人を超える聖職者が4,000人以上の子どもに性的虐待を加えたと報じ、世間に大きな衝撃を与えた。

このカトリック教会同様、エホバの証人でも多くの子どもたちが性的虐待の被害にあっているのだが、エホバの証人の場合、長老や奉仕の僕など、指導的な立場にいる者だけでなく、会衆に集まる一般信者たちが加害者になるケースも多いという。身内や友人の兄弟などからいたずらされることもあり、2003年に、エホバの証人の元信者が、「友人の8歳年上の兄から、10歳から13歳まで繰り返し性的虐待を受けてきた」と告発したことがある。性的虐待の大半は密室で行われるため、目撃者が存在することはまれだ。加害者は、「2人以上の証人の証言」規則に守られるため、やりたい放題。2003年に告発した女性も、勇気を振るい絞り長老に訴えたものの、「2人以上の目撃者がいない以上、何もできない」と迷惑そうに言われた上、「混乱を招くから、このことは一切黙っているように」と口止めまでされたと明かし、大きなニュースとなった。

 カトリック教会よりもたちが悪いとされている、エホバの証人の幼児性的虐待問題。訴訟すれば勝てるケースが多く、多額の和解金を受け取れたケースもある。しかし、ほとんどの被害者が「エホバの規則だから」「聖書に書かれているから」と公にせず、心に出来た深い傷を一人で抱え続けながら耐え続け、誰からも咎められない加害者は子供たちに次々と襲いかかっていると見られている。

 品行方正で敬虔なクリスチャンだと謡われることが多いエホバの証人。弱き子どもたちを、性犯罪者から守らないという実態はあまりにも酷すぎるが、「2人以上の証人の証言」規則を見直さない限り、これからも幼児性虐待の被害者は増え続けるだろうと報じられている。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?