ブッ壊れすぎだけど、そこがいい!?

大原麗子の【封印映画】がゲス・エロ・カオスな展開で素晴らし過ぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

 大原麗子はヌードこそ披露はしなかったが、売春相手を腹上死、レズ行為、乱交パーティー、インポの手助けなど、次々と体当たり演技を披露。僕ら50代前後の世代は、ホームドラマや2度もマドンナを務めた『男はつらいよ』などで観た、セクシー度抑えめ演技でもマイッていたのに、あの潤んだ眼差しとハスキーボイスで、そのような艶技をやっていたのかと想像するだけで悶々とする。観てみたい! 

 しかし、作品のソフト化は、これまで1度もされていない。これはあくまで噂だが、大原はそのような役柄を恥辱的と感じているためか、再上映されないよう東映に働きかけていたという説もある。よって、ソフト化も難しいのだろう。

 真相は、彼女の死をもって闇の中へと消えてしまった。

 さらに現在は、性風俗として現在使用禁止の「トルコ風呂」が冠された題名という要素もあり、ソフト化はより困難を極めている。その経緯を簡単に述べると、1981年にトルコ留学生から名称の変更を直訴され、全日本特殊浴場協会連合会は「トルコ風呂」の名称を廃止。公募により、現在の「ソープランド」に変更したのだ。

 最後に、この作品のキャッチコピーで締めくくろう。「おいで! ベッドがあくびしているよ……梅宮ムードがねっとりからむと、めす猫がのどを鳴らす」。う~ん、「梅宮ムードがねっとり」って(笑)。

■『マル秘 トルコ風呂』(1968年公開/東映)
監督:村山新治
脚本:下飯坂菊馬、播磨幸治

■天野ミチヒロ
1960年東京出身。UMA(未確認生物)研究 家。キングギドラやガラモンなどをこよなく愛す昭和怪獣マニア。趣味は、怪獣フィギュアと絶滅映像作品の収集。総合格闘技道場「ファイト ネス」所属。著書に『放送禁止映像大全』(文春文庫)、『未確認生物学!』(メディアファクトリー)、『本当にいる世界の未知生物 (UMA)案内』(笠倉出版)など。新刊に、『蘇る封印映像』(宝島社)がある
ウェブ連載・幻の映画を観た! 怪獣怪人大集合

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?