ナンバー1はたしかにやばい

【犠牲者多数】世界の呪われた物ベスト5 血で描いた絵、死の指輪

関連キーワード:

,

■第3位 家族を全員死なす「死の女神」

【犠牲者多数】世界の呪われた物ベスト5 血で描いた絵、死の指輪の画像3画像は、「haunted74」より

「死の女神」という愛称を持つ、純粋な石灰岩で彫られた女性像は、キプロス共和国のレンブで1878年に発見された。像は、”豊穣の女神”を象徴したもので、西暦紀元前3500年頃に作られたものと見られている。「死の女神」と言われるようになったのは、その名の通り、像を所有した人とその家族が数年で全員死んでしまったからだ。

 像が発見された後の最初の持ち主であるエルフォント卿は、所有して6年以内に、一族7人全員が相次いで不審な死を遂げた。次に像の持ち主となったアイバー・マヌッチの家族も、4年間で全員が死去してしまった。3番目の持ち主となったトンプソン-ノエル卿の家族も次々と不幸に見舞われ、4年後に一族は絶えてしまった。

 4番目の持ち主、アラン・ ビーバーブルック卿も像を購入して間もなく亡くなり、彼の妻、娘2人も相次いで死亡。息子2人は、周囲から、「この像は死の女神と呼ばれるもの。持っている者、その家族の命を奪う。早く手放した方がいい」と言われ、エディンバラにあるスコットランド博物館に像を寄付することに決めた。

 博物館の歴史学者たちは、「像が持ち主と家族を殺す」という言い伝えを、「単なる伝説、あったとしても偶然」だと片付けたが、像を受け入れ展示した博物館の係長も、直後、病に倒れ死亡している。この係長の死を最後に死人はでていないが、それはガラスケースの中に保管されているからであり、再び箱から出され、像に誰かが触れたら、確実に死んでしまうだろうと恐れられている。


■第2位 殺人鬼が呪いをかけた座ると死ぬ椅子

【犠牲者多数】世界の呪われた物ベスト5 血で描いた絵、死の指輪の画像4画像は「Profiling the Unexplained」より

 イングランド、ノース・ヨークシャー州サークス近くのカービィ・ウィスカという町に、バスビー・ストゥープ・インという居酒屋がある。この居酒屋には270年という長い年月の間、人々に恐れられてきた木製の椅子があった。

 1702年、この居酒屋のオーナーだったトーマス・バスビーは、義理の父親、ダニエル・アウティを、ハンマーでめった打ちにして殺害したというのだ。

 2人はタッグを組み、軽い犯罪に手を染めていたが、舅、婿という関係から馬が合わず、よく口論をしていた。いつものように口ゲンカをした後、外で頭を冷やして居酒屋に戻ったダニエルは、自分が一番大事にしているお気にりの椅子に、ダニエルがドカッと座っているのを見てカッとなった。常に酔っ払っている状態だったとも伝えられているトーマスは、ダニエルに居酒屋から出て行くよう命じ、その後、町中、彼を探しまくり、ハンマーで撲殺。近くの森に遺体を捨てた。

 遺体はすぐに発見され、トーマスはダニエルを殺人した罪で逮捕、死刑を宣告された。居酒屋と道を挟んだ場所に絞首台は設置され、トーマスは、死刑執行直前、自分の居酒屋で最後の食事をした。食事が終わった直後、彼は大声で、「この椅子に座った者に、呪いを!私と同じ悲惨な死が与えられるよう!」と叫んだ。絞首台に吊るされた彼の死体は、見せしめのため、数日間、そのまま放置されたと伝えられている。
 
 その後、付近をうろつくトーマスの幽霊らしきものが目撃されるようになったのだが、人々を恐怖の底に陥れたのは、彼が呪いをかけた椅子だった。呪いをかけたトーマスの言葉通り、椅子に座った人が、その後、間もなくして死亡するという不可解な象が、次々と起こるようになったのである。

 何も知らずに座ってしまった煙突掃除夫は、翌朝、古い絞首台の門柱の側で死亡してるのが発見。呪いを面白がって代わる代わる座ったイギリス空軍パイロットは、その日のうちに運転していた車を木に激突させ即死した。肝試しで椅子に座った、多くのバイカーたちも、大事故に巻き込まれ命を落とした。座った翌夜、心臓発作を起こし死んだ者、2日後に車に撥ねられ即死した者もいた。誰もが、トーマスの言葉通り、悲惨な死を迎えたのだ。

 1970年代、この居酒屋を買いとった醸造所は、このおぞましい呪いの椅子をサークス博物館に寄付した。博物館は、壁の高い位置に椅子は打ち付け、誰も座れないようにした。1978年以降、この椅子には誰も座っていないが、呪いは永遠に続くものとされており、今なお、人々に恐れられている。

【犠牲者多数】世界の呪われた物ベスト5 血で描いた絵、死の指輪のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル