新作映画『キャリー』のドッキリPR動画が必見!! 「もしも、店内に超能力者が現れたら…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

キャリー

,

ホラー

,

映画

動画は、You Tubeより。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

11月8日に公開を予定している映画『キャリー』。

1976年にブライアン・デ・パルマが監督した名ホラー映画のリメイク版はなんと、今を時めくクロエ・グレース・モレッツが主演。公開が待ち遠しい限りなのだが、この映画の公開に伴ったPRとして、ユニークでクオリティの高い「ドッキリ動画」が作られていたことをご存じだろうか?

■怒りの念動能力(テレキネシス)爆発で店内が大パニック!

 ドッキリ動画の内容は、ニューヨークのとあるカフェで、超能力者である少女の横に座った男性がコーヒーをこぼしてしまったことで、少女がパニックに陥り、怒り狂って超能力を発揮するというもの。周りの客はそれがドッキリだということを知らないため、皆唖然とした状態。その姿がとてもリアルで一見の価値アリなのである!

 ネットではこの動画に対し「実に面白い!」「この場に居合わせたら腰抜かすわ」など、さまざまなコメントが寄せられている。

 さて、ニューヨークといえば、「フラッシュモブ」(インターネットなどを通じて不特定多数の人間が公の場に集合し、あらかじめ申し合わせた行動を取るもの)の発祥の地。その歴史は2003年まで遡り、今ではフラッシュモブでプロポーズする人もいるほど一般化されているという。

 日本でも、「ニューヨークのグランド・セントラル駅で200人が突然動かなくなるフラッシュモブ動画」など、数々の海外ドッキリ動画が話題となり、実際に日本人が行うフラッシュモブも増えた。

 放送倫理の厳格化がなどが理由で、いつしかテレビから消えていった一般人を対象としたドッキリ番組。しかし、いまだに人々は“リアルなドッキリ”映像を求めていることが、フラッシュモブ、そして、この『キャリー』のPR動画(英語版)の4千万回の再生回数を見れば明らかなのではないだろうか。 

※『キャリー』に関する詳しい映画レビューも近日配信予定!

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。