窒息の危機! 丸めたコットンを5個食べる「コットンボールダイエット」がアメリカで流行中!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 健康情報サイト「Diets in Review」のディレクターであるブランディ・コスキー氏は、「コットンボールダイエット」について、「何一つとしてよいことはありません」と断言する。その理由として彼は、一般に見かけるほとんどの綿は、高額なオーガニックブランドでもない限り、多量の化学物質を含むポリエステルを漂白したものであるため、「綿を飲み込むということは、あなたのTシャツをオレンジジュースに浸して食べているのと同じなのです」とABCニュースで語っている。

 デンバーにあるEating Recovery Centerのオヴィーディオ・バーミューデス医師も同様に、綿を食べることは、服やボタンやコインを食べるのと同じくらい害があるとしている。窒息と栄養失調のリスクは明らかで、それ以外にも「胃石」という腸を詰まらせる塊が生じる可能性もあるようだ。

「胃石」のほとんどは、毛髪や過度の食物繊維など消化の悪いものを飲み込むことにより引き起こされるが、コットンボールも同様の問題を引き起こすと考えられるという。バーミューデス医師は、「長い時間をかけて体内に蓄積した綿は固まって、腸を塞いでしまうでしょう。これは命に関わる重大な事態です」と語っている。

 さて、今やこの「コットンボールダイエット」は10代のみならずより若い世代にまで浸透してきているといわれ、事態はかなり深刻な模様だ。少女たちによって撮影されたと思われる、ハウ・ツー動画もYouTubeには溢れている。どうやらこのダイエット法が広まってしまった背景には、テレビメディアの影響力とネットの情報伝播力があるとともに、巨大なハンバーガーやポテトフライで溢れているアメリカにおいて、ほっそりした体型を保つのは相当な覚悟が必要なのだということがわかりますね。日本でも過激なダイエットが流行することがしばしばありますが、コットンボールダイエットが流行しないことを願うばかりです。

動画は、コットンをほおばる少女たち「You Tube」より

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。