【イスラム】処女死刑囚は、看守と強制結婚・レイプされた後、殺される…?

関連キーワード:

,

iauramu12011.jpg

 私は、ルドルフ・グライナーです。日本と世界を研究するドイツ人です、私は日本と世界の違いやドイツと日本の違いを研究しています。

 イスラム教には、私たちクリスチャンや、日本人には馴染みのない戒律が存在します。戒律というのは、「神の言い伝え」という意味ですが、一方で「生活を守るための習慣」という意味もあります。

 宗教上の戒律は、基本的に生活習慣に根付いたものであることが多く、「病気=神の怒り」を防ぐために存在している場合があるのです。


■戒律の裏にある理由

 イスラムの戒律で有名なものに「豚を食べてはいけない」がありますが、これは、かつてイスラム圏で、豚を食べて食中毒になった歴史があったからです。

 同じような戒律に「犬になめられたら手を十回洗う」というものがあります。これもムハンマド(マホメッド)が生きていたころに、狂犬病が流行し、多くの人が死んだからです。ムハンマドは、それは「アラーの神の与えた罰」と考え、犬になめられた場合は「狂犬病」要するに「神の怒り」に体が蝕まれないように、手を十回洗わなければならないという戒律を作りました。

 いずれも、「食中毒」「狂犬病」という病気を避けるための戒律です。しかし、それは、昔では神の怒りなのです。そして神の怒りを受けないために、戒律として禁止するのです。


■戒律が文化に及ぼす影響

 宗教の戒律は絶対です。それは我々クリスチャンもムスリム(イスラム教徒)も同じです。

 クリスチャンでいえば、足がたくさん生えているものは「悪魔の使い」といわれています。だからタコやイカの刺身は、実はクリスチャンの間で忌み嫌われているものです。アメリカ映画において、しばしば「火星人」は「地球を侵略あする悪い宇宙人」という設定になりますが、そのとき火星人はタコの形をしています。『パイレーツ・オブ・カリビアン』でも、悪役はタコの形をしています。すべて、敬虔なクリスチャンの感覚で作られた映画であることがすぐにわかります。日本の人にはわからない、「悪魔への憎悪」があるのです。

 さて、戒律の文化は、当然“処刑”という風習にも宿ります。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?