世界を震撼させた未解決連続殺人事件TOP10  〜シリアルキラーを考察〜【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■第2位 4+28? デイトナビーチ連続殺人事件 (アメリカ)

shiriaru4.jpg画像は、被害者たち「True Crime Notebook」より

 2005年12月26日から2007年12月にかけて、観光地として人気のあるフロリダ州ヴォルシア郡のデイトナビーチで、4人の女性が殺害された。最初の犠牲者は45歳の女性で頭部を1発ぶち抜かれて死亡。抵抗できないようにした上で至近距離で射殺するという、いわゆる処刑スタイルでの殺害だった。遺体は全裸で発見され、隠すことなく放置されており、現場からは犯人のDNAが発見された。2人目の犠牲者は34歳の女性で2006年1月14日に発見、3人目は35歳の女性で同年2月24日に発見され、「最初の被害者と全く同じ方法で殺害され、全裸で放置されていたこと」「3人目の現場に残されていたDNAが、最初の被害者が発見された現場から採取されたDNAと同一だったこと」「3人目の現場から発見された薬きょうから、3人とも同じピストルで銃殺された可能性が高いことが判明」したため、警察は同一人物の犯行だと断定。全員、身体を売っていたことから、娼婦を狙った連続殺人事件だとして、捜査を行った。

 2008年1月2日、30歳の女性が3人と全く同じ方法で殺害、発見された。見つけにくい場所に放置されていたことから腐敗が進んでおり、司法解剖の結果、2007年12月11日に殺害されていたことが判明。今回の被害者はドラッグに手を出していたものの、娼婦ではなく、「一般人も殺すのか」「ひっかかる女なら誰でも殺すのか」と地域に緊張が走った。殺人の期間が1年以上開いていることも、「いつか、また、殺し始めるに違いない」と住民を恐怖に陥れた。地元新聞『オーランド・センチネル』は、「FBIによると、この4人の殺人事件は、フロリダの28件の連続殺人未解決事件の犯人と同一人物である可能性が高いとのこと。犯人はおそらく長距離トラック運転手。28件の中には、タンパからデイトナビーチにいたる州間高速道路4号線で発見された19人の犠牲者の事件も含まれるという」と報道。地元の警察は、これらの事件との関連性はないとの見解を示しているが、犯人逮捕には至っておらず、住民たちは憤りをあらわにしている。


■第1位 カップルの遺体の一部を… イル・モストロ事件 (イタリア)

shiriaru5.jpg画像は、被害者たち。「LA NAXIONE」より

 1968年から1985年にイタリアで起こった、カップルをターゲットにした連続殺人事件。犯行パターンは、「カップルが2人きりでデートしているところを襲い、至近距離から22口径ベレッタで射殺し、女性の被害者からはスキューバダイブで使われるナイフで生殖器を切り取り持ち去る」と決まっており、被害者にもドイツ人やフランス人もいたことから、ヨーロッパ中を震え上がらせた。

 事件が注目されるようになったのは、1981年6月に30歳の男性と21歳の婚約者が、フィレンツェ郊外の林の中で残虐遺体となり発見されたのがきっかけ。生殖器の切り取り方から医療関係者だと見られ、青姦覗き魔である地元の救急隊員が容疑者として逮捕された。しかし、10月に同様の事件が起こり、誤認逮捕だったとして釈放。1982年6月、1983年9月、1984年7月、1985年9月にも凶器から同一犯と見られるカップル殺害事件が発生。1984年の事件を捜査する過程の中で、1968年8月に女性が浮気相手と車で逢引している最中に射殺された事件も、同一犯によるものと断定され、1974年9月に車でデートをしていた男女が殺害され女性の膣の中にぶどうの蔓がねじりこまれた事件も同一犯によるものとして捜査されるようになった。

 犯人は1985年の犯行後、遺体の一部を切り取り捜査班に送りつけるという大胆な行動に出たが、警察は犯人にたどり着けず捜査は難航。女性の生殖器を持ち去っているのは悪魔崇拝目的だからという仮説を立て、1993年に農夫の男性が逮捕されたが、彼は容疑を否認したまま刑務所で病死。その後も、容疑者とされる男らがが逮捕されたが、十分な証拠を得ることはできず、「イル・モストロ事件」は未解決事件となっている。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?