水族館のマスコットの裏の顔! 性的虐待、死体性愛…ペンギンの歪んだ性癖とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

penguin.jpg

 可愛い顔したあの子にも隠された裏の顔があるものです。それは自然界の動物にも同じことが言えます。可愛らしい容姿や、ヨチヨチ歩くその仕草から水族館のマスコットとして名高いペンギン。そんなペンギンにもおぞましいほどの裏の顔が隠されていました。

 露・ニュースサイト「Фактрум」によると、イギリスで再発見されたペンギンに関する調査記録に記されたペンギンたちの“歪んだ営み”が研究者たちに強い衝撃を与えたというのです。

 この調査記録は1910~1913年の3年間、南極調査隊の一員であったジョージ・レービックによって記されました。彼は南極に生息するアデリーペンギンのコロニーを観測し、そのおぞましい営みを詳細に記録したとのことです。
 ジョージ・レービックが残した記録によると、アデリーペンギンが雛鳥に対し行った性的虐待の様子が刻銘に記されていたというのです。当然それは繁殖を目的としたものではありません。

 それだけではありません。アデリーペンギンの雄は怪我をして動けない雌を見つけるとそれに襲い掛かり、強姦をしていたとの記録もあります。さらには、同種の死体に対し、性交を行っていたという記録さえもあるのです。

 雛への小児性愛、性的虐待、強姦に死体性愛。まるで旧約聖書のソドムとゴモラの街のような背徳の限りです。南極という人間たちの生活から遠く離れた酷寒の地。そこは歪んだ愛憎渦巻くペンギンたちの堕落した楽園なのかもしれません。
(石井洋平)

参考:「Фактрум

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

1:匿名 2018年9月22日 06:49 | 返信

アデリーは攻撃的な種類らしいからね…。
攻撃的なペンギンは数種類いる。アデリーはその1つ。

証拠とまでは言えないけど
他のペンギンと遭遇した時も、相手を助けようとしたり迎え入れる雰囲気で・・・
なぜか蹴倒したりする。
さっきまでの雰囲気は何だったんだというくらいにw
かなり強烈。(たぶん、攻撃的なだけじゃなくて頭も回ってるんだと思う。方法がちょっと大分…)
同種の仲間内で暴力的な社会性があっても頷けてしまう。

他のペンギン同士だと、あそこまでアグレッシブな光景にはならない。
縄張りはお互いにあるだろうにね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。