20歳の青年が50万個以上のレゴ・ブロックで本物の自動車を製作! エンジンもレゴ!

 完成までには、「レゴの自動車の作り方など誰も教えてくれませんから、分からないことばかりでした」「これほどの数のレゴ・ブロックを組み立てると、予想しなかったことが多々起こります。何度も試作を繰り返しました」「長い時間を費やし、悪夢のように感じたこともあります。何を作っても最初は上手くいかなかったのです」と、数々の苦難があったようで、決して一筋縄ではいかなかったようだ。

 また当初は、12,000ポンド(約205万円)だった見積もりも、最終的には75,000ポンドまで跳ね上がってしまったが、ツイッターなどで投資を呼びかけた結果、多くの人が協力し、危うく資金難に陥る事態は避けられたのだという。

 さて、肝心の自動車としての信頼性であるが、作成者自らが「運転するのはちょっと怖いですね」と語っている。何でも、荒れた道路などを走ると、レゴが崩れてくることもあり、それを直すだけでも2、3週間はかかってしまうのだという。それはさておき、20歳の若さでこれだけのものを一から作り上げてしまう技術力には感服だ。彼は次に一体どんなプロジェクトに挑戦してくれるのだろう。期待して待とう。
(文=スポンジ保父)

参考:「swns

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

20歳の青年が50万個以上のレゴ・ブロックで本物の自動車を製作! エンジンもレゴ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル