家事を一変させる技術革新! ついに人類は「あの作業」から解放される日が来るのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

 今年もクリスマスがやってきた。自宅に親しい知人を招いてパーティー! などと盛り上がる人もいるのだろうか。しかし、楽しいパーティーの後には必ず、「後片付け」という憂鬱な仕事が待っている。シンクに山積みになった大量の食器を洗う作業は、特にあなたを尻込みさせるに違いない。たとえ食器洗い機の手を借りていたとしても、手洗いせざるを得ないものは現れる。ここで「ああ、私たち人類は、生きている限りこの食器洗いから逃れることはできないのだろうか……」などと考えてしまう人にとっては朗報だ。ついに人類を面倒な食器洗いから解放してくれる技術が誕生したのだ。

cellulose.jpg画像は、「Dezeen」より

 「dezeen」が今月16日に報じたところによると、写真の食器は、なんと絶対に洗う必要がない食器、すなわち「汚れない食器」であるという。セルロースという植物由来の有機繊維を原料とし、表面には特殊なコーティングが施されているのだ。スウェーデン林産業協会が、デザイン事務所Tomorrow Machine社と調査会社Innventia 社に対し、「自国の森林から採取されるセルロースの未来の用途」について構想するよう依頼した結果、生み出された。

 開発者チームのメンバーであるTomorrow Machine社のHanna Billqvist氏は、「この食器は、きれいにするために水も洗剤も必要としないのです。その製造工程でも日々の使用においても、徹底的な省資源を実現します」と語っている。また、セラミックと同等の硬さだが、よりいっそう軽く、落としても欠けたり割れたりしないという利点があるそうだ。加えて、伝統的な磁器やセラミックの食器に似せるため、染料による彩色も可能であるとされる。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。