ケニアで誕生した“人面ヤギ”!!  “獣姦”疑惑で村人パニック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ミュータント

,

ヤギ

,

人面

1226yagijin_01.jpg
※画像:YouTubeより

 クリスマスイブも過ぎ、年末を迎えるため準備に勤しんでおられる方もいるのではないでしょうか?

 まだまだ、人肌恋しくなる季節は終わることなく続きます。アダルトグッズの進化により、以前より格段に快感を得ることはできても、そこはかとない虚しさと寒さはつきまとうもの。

 ところが、海外ではそれを解消するためか人工物では物足りないゆえか、ニワトリ、豚、雌馬、雌牛、はたまたエイなどで擬似性行為を行う猛者もいるのだとか。

 そんな人外との擬似性行為文化が日本よりも根づいているためでしょうか? アフリカ・ケニアでは“獣姦”がきっかけで、人面ヤギが誕生したのではないかと盛り上がったことがあるようです。

 ケニアのとある村で誕生した人面ヤギは、そこに住む村人たちをパニックに陥れました。あるものは、ヤギとの獣姦が原因ではないかと叫び、またあるものは計り知れない大いなる力により誕生したのではないかと囁いたと言われています。

 この生物が如何様に誕生したのかは謎のままです。さすがに、男性とヤギとの愛の結晶として誕生したとは考えるのはムリがあるでしょう。しかし、超常現象ともなれば、話は別です。

40秒くらいに人面ヤギが!


■日本にも伝わる人面●●

 日本にも一大ブームを巻き起こした人面犬や人面魚など、人の顔をした他の生物の存在が実しやかに囁かれたこともあり、意外に人の顔をした目撃例が多いのです。

 またさらに過去を紐解けば、今回のヤギ人間に近いものも発見することができます。それは日本各地では存在が確認されたと伝わる人間の顔を持つ半人半牛の“件”(くだん)と呼ばれる妖怪です。

 件は、その間に人語を操り、流行病、作物の豊凶、はたまた戦争の発生などの重大事を予言すると伝わっています。牛から生まれ、数日で死亡しますが、件の予言は間違いなく当たるとされ、その存在が広く恐れられていました。また異説あるようで、逆パターンである半牛半人のギリシャ神話に出てくるミノタウロスのフォルムを持つ牛女と呼ばれる妖怪もいたと言われ、こちらも凶事を知らせる対象とされたといいます。

 今回誕生し村人たちを恐怖のどん底に追い込んだヤギ人間。もしや、牛とヤギとの違いはあれども、獣姦の末に誕生したのではなく、ケニア版・件だった可能性の方が高い…かも!?
(文=鹿猪原有散)


関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。