「何も問題ないよ」1週間ゴミを食べて暮らした男 ゴミでフルコースのディナーも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 年末年始、ほとんどの自治体ではゴミの収集が数日の間お休みとなる。そして年明け初日のゴミの日、集積場には溢れんばかりのゴミの山が……というのは日本では毎年恒例の光景だ。しかしちょっと待ってほしい、この時期だからこそ、もう一度ゴミのことを考えてみようではないか、というアメリカ発の話題だ。

 今月、サンディエゴの環境活動家、ロブ・グリーンフィールド氏(27)が行った過激なチャレンジが、いま人々を驚かせている。なんと彼は、アメリカ国内で日々どれほど大量の食品が無駄に廃棄されているのか人々に気付かせるため、1週間にわたり国内を旅しながら、ダンプスターに捨てられている食品だけを食べて暮らすことにしたのだ。ちなみにダンプスターとは、アメリカの街でよく見かける巨大なフタ付きのゴミ箱のことだ。

food.jpg画像は、「Oddity Central」より

 チャレンジの結果はというと、グリーンフィールド氏は毎日しっかりと食事をとることができた。それどころか、彼が持参した冷蔵庫は、すぐに総額200ドルほどになるであろう新鮮な果物、野菜、そしてベーグルなどで満たされてしまったのだ。彼がしたことは、食料品店の裏にあるダンプスターに飛び込んで、従業員によって廃棄された食品を漁るだけ。「汚らしいと言う人もいますが、物は考えようですよ」と語っている。

 「私は、ダンプスターに捨てられた食品を食べることを推奨しているわけではありません。私の願いとは、食品をダンプスター送りにする前に、人々に気にかけてほしいということなのです」とし、彼のチャレンジの意図は、アメリカの食品流通システムが持つ欠点を指摘し、人々と共に解決策を考えることにあったのだと説明している。

 このような目的のもと、一週間に及んだ挑戦の最終日であった先週末、彼は自宅でダンプスターパーティーを催したようだ。そこでは前菜・メインディッシュ、飲み物に至るまで、すべてをダンプスターに捨てられていた食品で調達した、フルコースの料理が振舞われたという。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。