絶対に読んではいけない恐怖のSMプレイ! カンザスシティの連続殺人ソドミスト、ロバート・バーデラ

■ロバートの家の庭から…

 捜査官は近隣住民の証言をヒントにロバートの家の庭を掘りこした。すると、髪の毛がついた頭蓋骨が出てきた。地下の床からは血液反応が出たもののコンクリの下からは遺体は発見されてなかった。頭蓋骨は行方不明になっていた男性で、ロバートは彼のことを殺したと自白。ロバートの弁護士は全ての罪を自白する変わりに死刑ではなく終身刑にすることを提案。ロバートの家から発見された357枚の写真には23人の男性が写っており、合意の上で拷問をうけた男娼もいたものの、5人以上は殺害していると警察は睨んでいたが、証拠がないためこのままでは未解決になってしまうと、司法取引に応じた


■想像を超える自白の開始

・ジェリーの殺害
 12月13日、ロバートは全ての殺しを自白した。最初に人を殺したのは1984年7月。顔見知りのジェリー・ハウエル(20)を監禁し、ベッドに縛りつけ拘束した上で、肛門性交を繰り返し行い、きゅうりやにんじんを肛門に入れて楽しんだとも明かした。しかし薬の打ちすぎでジェリーが嘔吐し、嘔吐物が喉につまり死亡。ロバートは動揺したが血を抜いてから遺体をバラバラにして捨てようと決意。足を上にして吊るし血を抜いた作業中に性的に激しく興奮し大量の写真を撮ったと告白した。バラバラにした遺体はビニール袋に入れゴミとして捨てたと明かしている。

・ロバートの殺害
次の殺人は1985年4月。18歳のロバート・シェルドンを監禁し、逃げないようにと失明させたりしたが、頭にビニール袋をかぶせたときに窒息死させてしまい、再び血を抜いてバラバラにしてゴミとして処分した。頭部だけはしばらく冷蔵庫に入れていたそうで、その後庭に埋めた。

・マークの殺害
 次の被害者マーク・ウォリス(20)は1985年6月、電気ショックを流したところ死んでしまったとのこと。

・ジェームズの殺害
 同年9月には、薬の打ちすぎでジェームズ・フェリス(25)を殺した。

絶対に読んではいけない恐怖のSMプレイ! カンザスシティの連続殺人ソドミスト、ロバート・バーデラのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル