カメムシを生で食べてみた!! 食感はメントス、味は…? ~ハードル高めの昆虫食~

re-kamemushi.jpg

 バイクや車で気持ちよ~く走っていたら、口の中にカメムシが飛び込んできて、ギャアァ!!!! “カメムシあるある”のひとつであるこんな体験をしたことがある方は、ご安心(?)を。なぜなら「カメムシを生で食べる」食文化は世界に存在しているのだ。焦ることはない。

 古今東西で、1,900種以上の虫が食べられているという「昆虫食」。その中でも、「ホントに食べられるの!?」と特にびっくりされる虫のひとつは、カメムシだろう。

 カメムシは「へ(屁)っぴり虫」という不名誉な呼び名を持つことからも知られるように、外敵への防御物質として放出するニオイによって、ゴキブリに次いで嫌われがちだ。ところが所変わればこのニオイも調味料へと早変わり


■世界の食文化に貢献するカメムシ臭

 ラオスではカメムシと香辛料を一緒に潰し「チェオ」と呼ばれる調味料が作られ、メキシコではタコスのスパイスとして生のままはさんで食べるという。また、生食だけでなく乾燥させたものや串焼き、炒めものなどでも食べられいるので、「あら、野菜にカメムシがついていたわ」なんてことになったとしても、そのまま食べて問題ないハズ。

 ……なんて偉そうに紹介しておきながら、実は筆者“生カメムシ”は未体験。軽く茹でてから食べた時は青リンゴのような香りを感じたのだが、生だとどうなのか。

人気連載
【速報】縄文タトゥーがビームスとコラボ! 服飾も登場…日本から世界に発信する「モダン・プリミティブズ」実践始動!

【速報】縄文タトゥーがビームスとコラボ! 服飾も登場…日本から世界に発信する「モダン・プリミティブズ」実践始動!

『クレイジージャーニー』(TBS系)が終了して久しいが、ケロ...

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。