カメムシを生で食べてみた!! 食感はメントス、味は…? ~ハードル高めの昆虫食~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 そこで食用昆虫科学研究会の吉田誠氏に聞いてみると、タイの市場で食べたことがあるという。

■体験者が語る、生食カメムシ

syashin.jpg撮影:吉田氏

 吉田氏によると、タイとラオスの国境沿いに位置するルーイ県の市場では、食用として生きたカメムシが売られているという。

 竹筒から取り出されたヘリカメムシに驚いた吉田氏が「食べられるの?」と聞くと、細長い体をプチッと2つ折りにしたものを、差し出されたそうだ。



えっ、えっ。コ、コレ生で食うのか?


 …と、一瞬ひるんだものの、断れる雰囲気ではないと空気を読み、ひょいパクと口へ。そしてプチッとかみつぶす! すると…

口の中に爽やかな香りが広がった! と思ったとたん、舌がビリビリしてくるんですよ」(吉田氏)

青リンゴのような香り、と言われれば確かに近いかもしれません。もしくはメントスを食べた時の感覚とも似ていました(笑)」(同上)

 とのこと。しかしながら、ヘリカメムシは日本でよく見ることができるコロッとした五角形のカメムシとは違う。さらにヘリカメムシの中でも種類によって、爽やかな臭いのものもあれば、臭いものもあるので、一概に「カメムシは青リンゴフレーバー!」とはいえない可能性がある。


■立ちはだかるカメムシの刺激の壁

 ちなみにビリビリは、自分の中で“カメムシ踊り食い”への壁である。

 カメムシのニオイに含まれる成分(アルデヒド類)は刺激物で、接触した場合軽い皮膚炎や色素沈着を起こすケースは少なくない。筆者はわりと刺激物に弱いので(精神的な刺激物はまた別のハナシだけど)、虫も極力マイルドな食べ方でないと難しい。ただし、食べ物と体の相性は体調や体質で個人差があるので、ハバネロのビリビリ感がたまらない! という人や、ワサビの“ツーン”がヤミツキになるという刺激物ラヴァーなら、生カメムシもおいしく味わえるかもしれない。

 『食べられる生き物たち:世界の民族と食文化48』(丸善出版)に掲載されている野中健一氏の記事によると、カメムシのニオイのキツさ度合いは「キュー」と表現するとのことで、「あ、このカメムシはキューすぎる」「絶妙なキューだね」というように使うといいようだ。

 刺激物に強く、さらに白魚やイカの踊り食いが嫌いじゃない方は、ビリビリ感も楽しめる“生カメムシ”という次のステップへと進んでみてはどうだろう。そしてぜひ、食通の極み(?)となり得るカメムシ“キュー談義”に花を咲かせてみては?
(文=ムシモアゼルギリコ)

■ムシモアゼルギリコ
昆虫食ポータルサイト「むしくい」管理人。著書に『むしくいノート びっくり!たのしい!おいしい!昆虫食のせかい』(カンゼン)がある。

※Tocanaで『むしくいノート』の写真(悶絶!)を紹介した記事はコチラ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。