• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アイスランド

,

ネクロパンツ

,

 火山と氷河の国アイスランド。美しく神々しい大自然にあふれるこの国では17世紀、恐ろしい魔術師狩りが行われていた。1625年から1683年の間に「魔術儀式をした」として21人が生きたまま焼かれる火あぶりの刑に処されたという法廷の記録が残っている。

 アイスランドの魔魔術師狩りは、デンマークやドイツ北部で教育を受けた支配階級である貴族たちが持ち込んだ「ヨーロッパの魔女狩り」が基となっていた。裁判は、魔女狩りのハンドブックとして知られる『魔女に与える鉄槌』(ドイツ)の影響を強く受けながら行われたというが、アイスランドの魔術師狩りは他のヨーロッパ諸国とは大きく異なり、魔術を操るのは基本的に男性だとされていた。

 法廷の記録には魔術師に関する裁判は130件行われ、170人が被告として裁きを受けたが、女性で火あぶりの刑に処されたのはわずか1人だったと記されている。罪名は「悪魔崇拝」ではなく、「人や家畜を病気にした」「グリモワール(魔術の書物)を持っていた」「死者を蘇らせた」「魔術を使って病を治した」という具体的なもので、火あぶりの刑のほかにも、被告の四分の一が鞭打ちの刑に処されている。しかし、もう四分の一は無罪となっており、ほかのヨーロッパ諸国の魔女裁判と比べ、魔術師裁判は比較的フェアなものだったと見られている。

17世紀のアイスランドでは実際に魔術が活発に行われていたとされており、その歴史を現世に伝える博物館も存在する。1996年に本館が、2005年に別館がオープンした「アイスランド魔術博物館」である。入館料800クローナ(約715円)を払えば誰でも入ることができ、希望者にはツアーを行うというサービスもついている。実際に使用されたおどろおどろしい魔術の道具などが展示されいるのだが、その中でひときわ目を引くのが「ネクロパンツ」である。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。