板野友美の“作られた感”は不幸!? 芸能界で成功する「幸せな整形」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

 整形というワードがポップなものになりつつある。ほんの数年前まで、整形に関するコメントをタレントが発することはなかった。それが今では、TV番組がタレントの過去の写真を持ち出し、整形疑惑を取り上げる企画を行うようになっている。

 なぜ、ここまで整形が一般化したのか?

「確かに、近年、日本で整形をする人は増えていますが、韓国をはじめとする海外ほどではないですよ。むしろ、日本は化粧品が発達していますよね。一般の方々は、基本的に化粧でなんとかするでしょう。たとえば、一般的に可愛くない女性が、凄く可愛らしいネイルをつけたり。日本で整形をする人たちは、華やかな職業につきたい人たち。芸能人や夜のお仕事をする方々。アダルト業界も多いですね」(美容関係者)

 だが、ふと思うことがある。整形をしたことで、売れた芸能人はいるのだろうか?

 芸能界でも整形を噂されているタレントは多くいる。実際に、ネット上では、ビフォー・アフターの写真がアップされ、あきらかに違う顔が散見している。たとえば、グラビアアイドルのN・J。まったくの別人で面影すらない。同様に、モデルのO・Mも、ビフォー・アフターでトランプの神経衰弱ゲームをやっても、一生ペアが見つかりそうにないくらい変わっている。他にも、上述した2人ほどではないが、O・Y、S・Yも怪しい。

 とは言え、彼女たちは間違いなく綺麗になっている。芸能界でも上位かもしれない。にもかかわらず、売れっ子とは言い難い。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。