同性の敵を作らぬ壇蜜は、果たして本当にエロいのか? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

danmitsu.jpg画像は、『エロスのお作法』(大和書房)より

 腰まで届く黒い髪、艶やかな白い肌。ぽってりとした唇、少し虚ろな切れ長の瞳。大胆な姿をテレビや映画、グラビア雑誌で惜しげもなく披露するセクシータレントの壇蜜(33歳)。「性欲」の”せ”の字も忘れてしまったかのような老人でさえも、胸ときめかせることが彼女にはできるようだ。

 1月23日に行われた「東京都知事選ネット応援演説」で細川護熙元首相(76歳)は、昨年末に週刊誌の企画で対談した壇蜜について言及し、「私のようなタイプが好きとおっしゃったようで」と、照れながら告白した。政界引退後は陶芸家として活動していた細川氏、まさかの都知事選出馬。眠っていた”男”の部分を壇蜜の言葉に刺激されたのも、殿が出馬に踏み切ったきっかけの1つなのかもしれない。そんな絞りかすのようなご隠居をもデレデレにさせてしまう壇蜜。女性にもわりと人気があるようだ。

 女性向け掲示板サイトでは、壇蜜について「眉毛が変」という指摘が見受けられるものの、以下のように好意的なコメントも多く寄せられている。

「やってることが卑猥なんだけど、なぜだか品のある姉さん。エロじゃなくて、官能って感じで、好きよ。」

「この人、やってることや言ってることは相当酷いのに、なぜか汚く感じないんだよね。インリンのM字開脚と同じで、どこか清潔感がある色気というか」

 たしかに、総合的なエロさで言うと『サンデージャポン』(TBS)に出演している田中みな実のような女子アナのほうが、壇蜜よりもずっと欲深く”やらしい”感じがする。

はじしらず

共感してしまう予感

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。