シリア内戦で亡くなった3歳の少年が最後に残した言葉! 世界中が心を揺さぶられた

関連キーワード:

,

 少年は、互いに傷つけあう人間に対して怒っている。時に神を都合よく解釈し、利用する大人たちに、それは違うと訴えている。これが信仰を持つ人間のすることかと問いかけている。そして彼は、不条理にも自らがもうすぐ死ぬという事実を悟っている。

 確かにシリア内戦勃発の直接の背景には、アサド政権の独裁があったかもしれないが、内戦が激化した現在、その周囲にはさまざまな国家の思惑と関係性が見え隠れする。シーア派とスンニ派、クルド人、イラン、サウジアラビア、ロシア、米国、イスラエル、そしてアルカイダ系武装組織などの、根深い対立と利害が絡み合った、代理戦争の様相を深めているというのがシリア内戦の現実だ。3歳の少年が残した言葉は、このような現状すらも糾弾しているように感じられる。

 今こうしている間にも、多くの人が戦火の中で命を落としていることを決して忘れてはならない。今月に入り、シリア情勢は以前にも増して混迷の度を深めているとも伝えられている。3歳の少年が残した衝撃的な言葉は、シリアの現状を世界中に向けて訴えている。
(グリーン・M)

関連キーワード

コメント

10:匿名 2018年7月25日 20:58 | 返信

神は知らぬと思っている事が人の性。
せめて安らかに・・・ ご冥福を

9:匿名 2018年5月18日 16:43 | 返信

・・・ やるせないな。

願って叶わぬ世界に
どこを向いても「神」と言いながら
それ自身は、何も成さない。
他力じゃ報われないってことだ。

旅立った少年は・・ 求めるモノに会えたかい?
次は仏教徒に生まれておいで。
ヒトの因果を正しく説くから。
他力本願は起こりえない、最終解決にならないと喝破して
生きたままに、人間自身の持つ仏界の種子(慈悲と知恵)を磨かせてくれるから。

8:出野貞夫 2015年4月20日 08:31 | 返信

ぜんぶあだちにきいてやるんだから

7:匿名 2015年3月30日 00:12 | 返信

...この上なく、とてもストレートに...すごく重要なことを言ってくれたと思う。

6:匿名 2015年3月17日 02:50 | 返信

神様云々ではなく、関係ない一般市民が犠牲になってる事が駄目なんだよ!
その神様はアッラーだろ!
ここでも宗教と結び付けてる!

いい加減に目を覚ませよ!

5:匿名 2015年3月2日 21:01 | 返信

この世界はもう滅びるしかない。都合の良い好き勝手なこと
ばっかりあちこちでしている、救いようのない愚かな人間ども
に早く鉄槌がくだってほしい。
そのXデーを待とう。それがどんな早くても、嘆かないつもりだ。
できたら、東京オリンピックの年まではこないでほしいけど、
長引くほど、それだけ胸が張り裂ける悲しい事件をたくさん見聞き
することになるから。

4:匿名 2015年2月12日 20:29 | 返信

自由、民主、人権、美しい言葉が社会を壊し、子どもや老人の命を奪っている。嘘八百な扇動をしているのはどこの誰だ?

3:洗濯 2015年1月28日 00:37 | 返信

全て疑う
全て信じる

ワタシはプロパガンダと思います

2:匿名 2015年1月24日 21:52 | 返信

宗教が戦争を創り貧困や生活・文化・環境の汚染原因である!此れから人類はソンナモノニ関わらず人として悔い無い様、短い時間を生きなくちゃ〜オモシロク地球破壊じゃモトモコモナイシ・てね。

1:匿名 2014年12月31日 14:03 | 返信

そこじゃねぇだろうが
たった3年しか生きれなかった子に死ぬ間際ですらそこまで言わせた世界中が狂ってるって事。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。