【ロドニー・アルカラ】IQ160の“最凶にふてぶてしい”連続殺人鬼!100人以上殺害しながらバラエティ番組出演、新聞社就職!?

 ロビンを誘拐した日、ロドニーはビーチで複数の少女たちに声をかけ、それを不審に思った中年女性に追いはらわれるという目にあっていた。そのため、すぐに自分が疑われ、逮捕されると懸念。ロビンを殺した後、シアトルに飛び、レンタル倉庫を借りて、大量の写真と「思い出&戦利品(トロフィー)」としてとっておいた被害者のイヤリングなどを預けた。

 ロサンゼルスに帰ったロドニーはロビン殺しの容疑ですぐに逮捕、起訴された。ロドニーは「そのビーチには行っていない」と主張したり、1979年春から交際していた21歳の彼女と一緒に過ごしていたと主張したりしたが、警察の必死の捜査の結果、ロビンを誘拐、殺害することは十分できると証明された。なお、ロドニーと交際していた彼女は殺人鬼であることを隠すためのカモフラージュ、ダミーだと見られている。彼女は、警察に「ロドニーは優しくて、社交的で、とっても素敵な男性」だったと説明。写真を撮るのが好きで、ロドニーが大量に女性の写真を撮っていたことには特に疑問を感じなかったとも証言し、まさに彼にとって都合のよい女だったのだ。

 1980年2月、ロビン殺害事件の裁判がスタートした。ぬかりないロドニーはロビン殺害現場に何も証拠を残さなかったが、警察はシアトルのレンタル倉庫の存在をすぐに突き止め、そこからロビンがよく使っていた母親のピアスが発見されたため、これが決め手となり、有罪に。そして、死刑判決が下った。しかし、1984年、カリフォルニア上級裁判所は「裁判はフェアなものではなかった」として死刑判決を覆した。ロドニーが過去に性犯罪を犯していたという情報が陪審員に伝えられたのは、不適切だったとしたのだ。

 再び裁判が行われることになり、1986年、ロドニーは再びロビン殺しで有罪となり死刑判決を宣告されるが、2001年に、またもや覆されてしまう。機嫌をよくしたロドニーは自分は無実だと主張する本『You, the Jury』をリリース。そして、またロビン殺しの裁判を行うことになったのだが、頭脳明細なロドニーにも計算できなかったことがあった。科学捜査の劇的な進歩である。


■ふてぶてしく逃げまわるロドニーだったが…

 捜査官たちは、ロドニーが犯人に違いないとにらんだ事件を、最新の科学捜査を駆使して再調査した。その結果、ジル・バーコム、ジョージア・ウィックステッド、シャーロット・ラム、ジル・ペアレンタウの殺害現場に残されていた遺留品が、ロドニーのDNAと繋がったのだ。このことにより、3度目のロビン殺しの裁判には、もう4人の女性を強姦、殺害した罪も追加された。

 この裁判でロドニーは、弁護士を雇わず、自分自身で弁護を務めた。度々死刑を覆したものの、彼は1980年以降ずっと刑務所で過ごしてきたロビンは、法律を熟知し、どうすれば無罪を勝ち取れるか自信を持っていたのだ。しかし、新たに4人を殺害した罪に問われることは予想していなかったため、弁護は散々たるものだった。アーロ・ガスリーという歌手の『アリスのレストラン』という曲を流し、「殺したいんだ。血を見たいんだ。焼け焦げた死体を食べたい。殺したい、殺したい」という歌詞を口ずさんだりもし、陪審員をドン引きさせたりもした。

 この裁判には、ロドニーが予想しなかったことがもう一つ起こった。彼が最初に手をかけたタリ・シャピロが、「ぜひ裁判で自分の意見を言わせてほしい」と警察に連絡してきたのだ。証言台に立ったタリは、「ロドニーは恐ろしい人間。私の事件の後に終身刑か死刑になるべきだった。そうすれば、こんなに多くの犠牲者がでなかったのに」と訴え、極刑にすべきだと声を大にした。何も言えなくなったロドニーは、全ての容疑で有罪となり、改めて死刑を命じられた。

 この裁判の後、警察はロドニーが所持していた写真のうち120枚を一般公開した。写真は全て女性で、幼女も大勢含まれている。警察はロドニーがもっと多くの強姦、殺人を犯していると確信しており、写真の女性たちが70年代に行方不明になっていないかと呼びかけた。しかし、30年ほど前に撮影された白黒写真だからか、情報は集まらず、捜査は難航している。

 その一方で地道な科学捜査の結果、70年代に殺害されたTWA航空のスチュワーデスとエレン・ホバーはロドニーによるものだということが判明。2012年、ロドニーはニューヨークの警察に身柄を引き渡され、裁判で禁錮25年から終身刑の有罪判決を受け、再びロサンゼルスの刑務所に戻った。ロドニーは、シアトルのコールドケースにも関与していると見られており、こちらの捜査も現在行われている。

 ロドニー・アルカラは現在70歳。カリフォルニア州で最も古いサン・クエンティン州立刑務所に収容されている。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【ロドニー・アルカラ】IQ160の“最凶にふてぶてしい”連続殺人鬼!100人以上殺害しながらバラエティ番組出演、新聞社就職!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル