“絶倫屍体”を恐れる警官、謎の媚薬【エクアドル美女誘拐事件】でわかった「サバ・インカ」の恐怖とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
re-ekuadoru.jpg

 私は日本と世界の違いを研究するドイツ人、ルドルフ・グライナーです。

 2013年12月、新婚旅行でエクアドルを訪れた日本人の若い夫婦が何者かに襲われました。日本では、あまり知られていないようですが、エクアドルは非常に怖い国です。私も仕事で何度か行ったことがありますが、インカの時代からの伝説や風習が息づくエクアドルは、摩訶不思議な体験ができる「呪術国家」でした。


■誘拐事件の捜査を打ち切った警察官たち

 以前に私が宿泊したエクアドルのホテルで、若い女性が誘拐されました。彼女は、インカ帝国を滅ぼしたスペイン人ではなかったのですが、似た感じの美しい女性。その女性がある夜、客室からこつ然と姿を消してしまったのです。すぐに警察の捜査が開始され、部屋の中を捜索しました。すると、部屋の中から、お茶とお香が出てきたのです。警察官は、そのお香の灰を見て、匂いをかぐと、すぐにその部屋の捜査をやめてしまいました。

「もう、捜査は終わりましたか?」

  私が聞くと、少し年配の警察官は

「この部屋の女性が、今どこにいるかわかりました」

 というのです。

 そして、翌日の夜、女性はアマゾンの神殿に隠されたミイラとセックスしているところを発見され、無事保護されました。しかし警察官は犯人を逮捕しないまま、捜査を打ち切ってしまったのです。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

1:匿名 2018年12月7日 06:15 | 返信

(~ω~;) 酷い話だなぁ…。
悪い人間だと判定されるんじゃなくて
実際は、体に薬が合わなくて判断力が狂ったり、攻撃性が増した結果だろうに。
しかもミイラだって、そんな扱い方をしたら壊れちゃうんじゃないの?
儀式が終わるまで待つなんて、警察も警察だよ!!
世界遺産があるからといって、近寄っちゃいけない国だね。
よくわかった。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?