超ヤバいタイの軍事演習! 全員で生き血をゴクゴク「コブラ・ゴールド」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

 タイで、今年も「コブラ・ゴールド」と呼ばれる軍事演習が行われた。「コブラ・ゴールド」は1982年から毎年行われているアジア最大級の多国間軍事演習で、開催は今年で33回目となる。日本は05年から参加しており、今年で10回目を数える。今回は、米軍から9000人、タイ軍から4000人の兵士が参加し、そのほかにシンガポールから80人、日本から120人、韓国から300人、インドネシアから160人、マレーシアから120人が参加したという。
 
 この訓練はなかなか熾烈を極め、なかでも公開されている食料確保の訓練は刺激ですらあるといえる。訓練に臨んでいるものたちは、食料を失ったや装備品がない時を想定しているのか、火を起こすのも、昔ながらの樹をすり合わせる方法で行なっている。この訓練ではタンパク質の不足を防ぐためか、ヘビを捕まえ、解体し、その血肉を食べるということも行われているのだ。

※画像:YouTubeより

 日本でも、滋養強壮にすっぽんの生き血を飲むことがあるが、ヘビの生き血はなかなか飲む機会に恵まれない。だが所変われば常識は変わり、インドネシアの首都ジャカルタなどでは、日常生活の中で気軽に飲むこともあるようだ。現地では、精力を増強したい男たちにヘビの生き血を飲ませる屋台がある。そこでは気に入ったヘビを選ぶと、屋台の店主がヘビが生きたまま丁寧に皮を剥ぎ、肉包丁で頭部を切り落としてくれる。そして、頭が無くなったヘビを逆さにし、流れ出る血をコップに注いでもらい、クイッと一飲み。独特の苦味があるようで、はちみつなどを入れるという。お値段は値段は1匹、約600円。ヘビの生き血は男性の精力増強の他、糖尿病や高血圧などにも効くと信じられている。

 長い熾烈を極める訓練を乗り越えるためには、ヘビで滋養強壮することも必要なのかもしれない。
(文=南はにわ)

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。