【内閣府職員ゴムボート変死事件】北朝鮮のスパイだった!? 不可解な行動と謎の死、その真相は?

関連キーワード:

,

,

,

,

■日本国内にいる、北朝鮮のスパイ「土台人とは?」

 北朝鮮のスパイは、日本国内において情報を入手する「土台人」という“手引き役”の立場がいて、その立場の人と、工作員がセットで日本の国内で工作を行うという。

 工作の内容は「世論工作」「情報の入手」、場合によっては「世論誘導」「破壊工作」「暗殺」さらに「拉致」もその中に入る。また、最近では、「日本の通信技術」「科学技術」「軍事技術」の情報も入手しており、内閣府のT氏は、「土台人」としてはいい適性を持っていたということになる。

 しばらく前からT氏が北朝鮮の「土台人」であることをわかった内閣府は、官憲や情報機関に通報。官憲は、機密漏えいを防ぐため、なるべく海外出張やセミナーなどの“公開情報”に触れる機会が多い仕事をT氏に集中させることにし、その間に韓国と連携したのである。

 そして、今回、ちょうどソチ五輪で世界中が小さな事件を無視するであろう状況の中で、韓国の情報機関はT氏に罠を仕掛けたのである。


■韓国の情報機関が罠を仕掛けたその時!

「土台人」であるT氏と落ち合う予定だった北朝鮮人工作員をまず韓国の国内で逮捕し、その者に代わって韓国の情報機関がT氏に接触したのだ。しかし、韓国の情報機関であるということがT氏にバレてしまったのである。

 T氏は、自分に危機が迫っていることを知り、自らゴムボートを購入し、そして、脱出の協力者を探すのである。

 当然、T氏の逃亡を手助けするために北朝鮮工作員のネットワークが彼をかくまった。そこで、韓国の情報機関は「日本人として宿泊していたT氏のホテル」並びに、「偽名で取ったホテル」それ以外に、彼が出入りしている喫茶店などの張り込みを行うだけの捜査になってしまったのだ。

 その間、T氏は、韓国の西海岸から漁船で出向し。韓国を脱出したのである。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ