【シリア内戦】「血の臭いと悲鳴、鳴き声…正直ショックだった」平成生まれの戦場カメラマン・吉田尚弘インタビュー

【シリア内戦】「血の臭いと悲鳴、鳴き声…正直ショックだった」平成生まれの戦場カメラマン・吉田尚弘インタビューの画像1撮影:新納翔

 若干22歳の「平成生まれの戦場カメラマン」吉田尚弘氏。2年間で85人以上ものジャーナリストが亡くなったという紛争地帯「シリア」での戦場体験について話を伺った。


■戦場は憧れ、究極の場所

――吉田さんは16歳でバックパッカーを始めて、主にアジア圏のスラム街で写真を撮り続けるうちにプロのカメラマンとしての道を歩み始め、19歳のときにはミャンマー難民を取材しています。そして2013年3月には内戦中のシリアへ入られました。なぜスラムから戦場へ?

吉田尚弘氏(以下、吉田) 極端な話、スラムには一般の旅行者でも入れるんです。実際、ブログやツイッターにスラムの写真をアップしているバックパッカーの方もたくさんいます。でも、戦場には、限られた人しか入れない。いわば憧れですね。あと、僕はスラムで長期的に生活してもいたのですが、スラムにもテレビはあって、住民たちも紛争のニュースを見たりしてるんですよ。すると、彼らですら「戦場に住んでる人は、ほんとに大変だよね」なんてことを言ったりする

――スラムの暮らしだって決して楽ではないのに。

吉田 ということは、戦場という場所は、もしかしたら人間が住める究極の場所であり、人間の、生き物としての本質的な部分が見えてくるんじゃないのかなって。

――で、念願叶ってシリアに乗り込んだわけですが、それは吉田さんが「師匠」と慕う某戦場カメラマンさんの伝手で?

吉田 そうです。僕は駆け出しのころから師匠には大変お世話になっているのですが、おりに触れて戦場への行き方を訊ねたりして、それとなく「僕も行きたい」アピールをしていたんです。でも、まず入国自体が難しいですし、入れたとしても2週間くらいの取材で50万円くらいかかってしまう。しかも、当時のシリアにおけるジャーナリストの死者数は、第二次世界大戦以降最多で、2年間で85人以上が亡くなっていたんです。

――ガチで危ない。

吉田 それでも、どうにかして行けないかと当てもなく思案していたところ、突然師匠から「2日後にシリアに行くことになった」と電話があったんです。しかも「医薬品を運ばなければならないから、吉田がいてくれたら助かる。宿泊費も出してやるから、お前は航空券だけ用意すればいい」と。もう、行くしかない。


■戦場での移動手段とコスト

――取材にお金がかかるというのは、具体的には?

吉田 取材の仕方によっても変わってくるのですが、たとえば防弾チョッキが必要な場合、現地で買わないといけません。あるいは、シリアでは反体制派も自由シリア軍と国際テロ組織アルカイダ系のISIS(イラン・シリア・イスラム国)に分裂していたり、いろいろな勢力が入り乱れているので、ヘタに動くと殺されてしまう。そんなときにガイドという存在が非常に重要なんです。当然、ガイド料が発生します。

――身を守るためにお金が要るんですね。

吉田 あとは移動です。平時であればバスで5,000円もかからない距離でも、戦時はタクシーを使わなければならず、タクシーの運転手も命がけですから、3万~4万円と高額な運賃を要求してきます。それから宿泊代も割高で、普段なら1泊2,000円台で泊まれる宿が、7,500円くらいに値上がりしています。だから、まともな取材をしようと思うと1日で2万円くらい飛んでしまうんです。

――独力ではとても無理ですね。吉田さんは防弾チョッキは買われたんですか?

吉田 迷ったんですけど、買いませんでした。一般的な防弾チョッキは1着8万円くらいで、より軽くて丈夫なものだと平気で20万円以上しちゃうんです。逆に、鉄板が入ってて重さが10kgくらいある安物だと3万~4万円で買えるんですが、なにしろお金がなかったので。防弾チョッキを買ったらシリアに入国するためのガイド料が支払えない状況だったんです。

――それは意味がない。

吉田 シリアへは、当然飛行機は飛んでいませんから、トルコから陸路で入るんです。だから防弾チョッキを買ったら、それを着て安全なトルコ側をうろうろするしかなくなってしまうという(笑)。

――すごく用心深い人になっちゃいますね。

吉田 あと、これは考え方にもよると思うんですけど、シリアでは多くの民間人が兵士として戦場に出ていて、そのほとんどが平服のまま戦っているんです。そうやって最前線で命を張っている人がいるんだったら、彼らに受け入れてもらうためにも、自分たちも体当たりしたほうがいいんじゃないかと。

【シリア内戦】「血の臭いと悲鳴、鳴き声…正直ショックだった」平成生まれの戦場カメラマン・吉田尚弘インタビューの画像2シリアの田舎町。迫撃砲が街近辺に撃ち込まれる中で

人気連載

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

コロナ禍で一気に冷え込んだ日本経済。財布の紐はこれ以上ないほど固くなり、庶民は日...

2022.01.03 12:00異次元
神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2021.12.20 12:00異次元

【シリア内戦】「血の臭いと悲鳴、鳴き声…正直ショックだった」平成生まれの戦場カメラマン・吉田尚弘インタビューのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル