世にも珍しい「寄り目の猫」、ジャーヴィスくん! 波瀾万丈の半生とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 以前は獣医になるという夢を抱いていたケリーさんですが、その夢は実現せず、30年間レコード会社に勤務してきました。しかし動物を愛する気持ちは変わることなく、これまでセンターに保護された多数の動物たちを一時的に預かってきました。200匹の猫や数10匹の犬、さらにはタランチュラを世話したこともあったそうです。

Jarvis_4.jpg画像は「The Daily Mail」より

 そして今回、ジャーヴィス君を正式に飼うことを決意したケリーさんは、その理由について「彼がここにやってきた時、病気であるにもかかわらず、とても幸せそうに見えたのです。いつもその顔で笑わせてくれました」「生きることに前向きで、わんぱくで愛らしいんですよ」と語っています。当初は凶暴な面も見せていたジャーヴィス君ですが、決して人間を恨んでいるわけではなかったそうです。

Jarvis_5.jpg画像は「The Daily Mail」より

 このように今は幸せに暮らすジャーヴィス君は、ケリーさんと共に、捨てられた動物たちの里親を探す活動にも精を出しているようです。彼はとても行儀よく、人を怖がらせることもないため、活動を紹介するのにうってつけだといいます。

 とても愛らしい表情のジャーヴィス君ですが、生活には支障はないのでしょうか。そこだけが気がかりであるものの、これからも動物保護活動のアイドルとして、幸せで充実した生活を送ってゆくことでしょう。
(モンペ・アザブジュバーン)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。