【近親相姦48人】ソニー・ビーン、禁断の人喰い族! “遺体洞窟”の奥で性交とカニバリズム=スコットランド

■1430年、滅びの年

 25年以上も間、世間に知られることなく洞窟で畜生的な生活を送ってきた一族だったが、家族が増えるにつれて食料である人を殺す回数が増え、地区では「人食い族がいるようだ」と噂が流れるようになった。村の外の荒野に悪の野獣が生息しているという噂が流れたり、宿屋の主人が金目当てに客を殺してるという噂が流れ、リンチを恐れた主人が夜逃げするということもあった。また、スコットランドの幻獣で川に住むと伝えられている水の精ケルピーが、人を食らっているのだと信じる者も多かった。

 25年の間に誰にもばれることなく1,000人以上を殺してきたと伝えられるソニー一族だったが、1430年頃、とうとうしくじってしまう。「簡単に殺せる」と狙いを定めた馬に乗り移動中の夫婦のうち、夫の方が刀やピストルなどの武器を所持しており、彼らにはむかってきたのだ。妻の方はすぐに馬から引きずり下ろされ、腹をすかせた者によりその場で体の一部を食べられ絶命したが、夫は足などをかじられながらも必死に抵抗して逃げることに成功。その直後、集団が歩いてくるのを見て、一族は妻の遺体を放置したまま洞窟に逃げ帰った。夫は集団に助けを求め、妻の遺体を地元の役所に運び「人食い族に教われ、妻が殺され食べられた」と訴えた。驚愕した役所は国王に報告。スコットランド国王ジェームズ1世は、すぐに400人の武装した兵を現場に向かわせ、大規模な人食い族ハンティングを行った。

 人の目につかない洞窟の我が家に息を潜め隠れていたソニー一族だったが、臭いをかぎつけた犬によりあっけなく発見されてしまった。洞窟に乗り込んだ兵隊は強い吐き気に襲われた。鼻にツンとくるすえた臭いと腐敗物の臭いとが混じり、耐え難い悪臭が充満していたからだ。洞窟の中には乾燥させるため上から吊るされた無数の人肉の下に、煌びやかな宝石や髪留めなどが散乱し、何とも異様な光景が広がっていたという。

 抵抗することなく兵隊に捕獲されたソニー一族は、チェーンで繋がれスコットランドの首都エディンバラに連行された。あまりにも極悪で非道的だとして裁判は行われず即公開死刑が宣告され、男たちは両手両足を少しずつ切断され失血死に処された。そして、女子供たちは男たちが処刑される様子を見るよう強制された後、火あぶりの刑に処された。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?