巨大地震や大事件が「46分」に起きる謎!! 偶然の一致か、それとも…!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

■未だ多くの謎が残っている

 だが、「人工地震」説が否定されると、先に述べた大地震・大事件の発生時刻が奇妙に一致することや、頻発する数字の謎は、一体どのように説明できるというのだろうか。

 ちなみに、2011年に全米公開されたアクション映画、「世界戦略:ロサンゼルス決戦」では、宇宙人が地球に攻めてくる日時が、「2011年4月11日の4時46分(グリニッジ標準時)」と設定されており、ここでも「46分」と「11」が出現している。さらに、この映画の封切りは3月11日だったのだ…。スタッフが意識的に行ったのか、それとも、無意識に「46」と「11」を並べてしまったのか。いずれにせよ謎は深まるばかりである。

 果たして、これら全てを「偶然の一致」という安直な説明で片付けてしまうことは妥当なのか。不可解な現代のミステリーを説明できる人の登場を待ちたいところだ。

■百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。ブログ:『探求三昧』、Web:『沙龍家』、Twitter:@noya_momose

関連キーワード

コメント

4:匿名 2016年12月6日 10:00 | 返信

ちなみに2009年放送のアニメ「東京マグニチュード8.0」の地震発生時刻は
2012年7月21日、15時46分という設定

3:匿名 2016年5月21日 10:25 | 返信

(3)主張に合致する事実のみを抽出している
が抜けてます。
あと、(2)も恣意的で意味不明です。

2:匿名 2015年2月19日 07:55 | 返信

こんなゴミ文で給料もらえて羨ましいです。

1:匿名 2015年1月17日 21:11 | 返信

人工地震だけどM9じゃないからね。騙されないように。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。