体験者が暴露、レースクイーンと枕営業の実態!! 有名Vシネマ俳優とレーサーが…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

 オーディションにいた女性たちは、ほかにも大酒を飲んで脱ぎ出した男性陣の背中の汗を吹いたり、食べ物を口に「あーん」してあげたりと、まるでピンクコンパニオンの真似事をさせられたそうです。もちろん、「おさわり」も当然のように行われたそうですよ。レースクイーン選出には、もちろんスポンサーが大きな権限を持っているから、こっちとしては従うしかないんですよね…。

 うちの子は嫌になって途中で帰ったみたいだけど、朝まで残った子たちは、T氏と別室に向かった女の子の姿を見たのだそう。その後、このチームのレースクイーンを見たら…やっぱり、T氏と別室に行った女の子だったんですよね。

<以上、友人談>

 また、この業界には枕営業の他にも問題が横行しているという。そのひとつが女性同士のイジメである。友人曰く、「スポンサーに性的行為を強要され、大人の接待に借り出され心身が消耗したのかなぁ。他人の衣装を破いたり、靴に釘や硫酸を入れたり、まるで昼ドラのように新人をイジメる先輩がいるんです」と、悲哀に満ちた目で話してくれた。

 レースクイーンはイベントコンパニオンの一種だ。しかし、レース場では各出版社が彼女らの取材に訪れ、また「レースクイーン」という肩書きがあればグラビアDVDや雑誌グラビアの仕事が決まりやすくなる。そのため、「芸能界の登竜門」と考え、レースクイーンを志願する女性は多い。しかし、その華やかな世界を夢見る女性たちを、権力を使い食い物にしてしまう者もいるようだ。枕営業、女の虐め…ブラックでドロドロな業界で、今日も精神崩壊していく女性が絶えない。いつかこの悪しき風習がなくなればいいのだが…。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。