300人以上を殺害!? アメリカ史上最悪の連続大量殺人鬼ヘンリー、母親に感情を壊された男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■把握しきれないほどの被害者の数

HenryLeeLucas_6.jpg捜査の様子「Criminal Minds」より

 拘置所に入れられて4日後、ヘンリーは裁判所で2人を殺した罪を認め、その他にも数百人を殺害したと告白。その後1年半かけて、州から州へと警察に移送されながら、数多くの未解決事件の犯人であることを認めていった。最終的には213人を殺したと確定されたが、警察は全米17州で合計300人以上を殺害した可能性が高いと見ている。

 アメリカ史上最悪の連続殺人鬼として全米の注目を集めるようになったヘンリーだが、後に「集団自殺した『人民寺院』(カルト教団)へ毒を提供したのは自分だ」と言ったり、国外に出たこともないのに「日本とスペインでも人を殺した」、マフィアとの繋がりが強かった元全米トラック運転組合委員長の「ジミー・ホッファ(1975年に失踪)は、自分が殺した」などと言い出し、訝しがられるように。

 マスコミは「ヘンリーは確かに連続殺人鬼だが、虚言癖のある大嘘つきでもある」と報じるようになり、「警察は未解決事件を全てヘンリーの仕業にし、点数を稼ごうとしている」と非難されるようになった。ちなみにヘンリーを嘘発見器にかけても、ことごとくパスしてしまったという。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?