300人以上を殺害!? アメリカ史上最悪の連続大量殺人鬼ヘンリー、母親に感情を壊された男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

HenryLeeLucas_7.jpg刑務所のヘンリー「Criminal Minds」より

 なお、一時ヘンリーとともに殺人を重ねていた共犯者のオティスだが、逮捕された時の取り調べにより、IQが75と低いことが判明していた上、「何人殺したかという数的なことには興味がない。たくさん殺したけど」と発言するなどしていたため、彼の証言も参考にはできなかった。よってヘンリーとオティスが実際に殺害したのは、160~200人だろうという説も根強い。

 結局ヘンリーは9件の殺害の罪で有罪となり、テキサス州で死刑判決を受けた。判決の直後、彼は「実は自分が殺したのは母親とベッキー、ケイトだけだ」とこれまでの自供をくつがえしたが、大勢の人を殺害したのは揺るぎもない事実であり、死刑という判決が変わることはなかった。

 1998年、死刑執行の6日前。大統領の恩赦によりヘンリーの死刑は終身刑に減刑された。命拾いし大喜びしたヘンリーだが、その3年後の2001年3月13日に刑務所で絶命している姿が発見された。64歳だった。

事件を追ったドキュメンタリー「YouTube」より

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?