高島彩「教祖義母の教え」に恩返し? 約2億円豪邸を自腹で購入のワケ

関連キーワード:

,

,

高島彩「教祖義母の教え」に恩返し? 約2億円豪邸を自腹で購入のワケの画像1彩日記―Birth―』(角川マガジンズBC)

 2011年10月に、人気デュオ・ゆずの北川悠仁と結婚した元・フジテレビ女子アナウンサーの高島彩。今年2月17日に第1子女児を出産し、4月には彼女の日記をベースとした『彩日記―Birth―』(角川マガジンズBC)が発売されるなど、公私ともに順調な様子がうかがえる。
 
 高島と北川は、05年に番組に共演したことがきっかけとなり、交際に発展。ふたりの交際は約6年にも及び、度々結婚が取り沙汰されていた。しかし、事あるごとにふたりの前に立ちふさがったのが、北川の母であったと言われる。「かむながらのみち」という宗教団体の教祖である北川の母親の慈敬さん(本名・敬子)は、「女性は結婚後、家庭に入るべき」という教えを唱えていた。そのため、結婚後も仕事を続ける意向だった高島を北川家の嫁として迎え入れるのに抵抗があったとされ、ふたりの確執は深まる一方だったという。

「披露宴で、両親に感謝の言葉を送る際も、慈敬さんとアヤパンは目も合わせなかったそうです。また、教団のHPには教祖からの言葉として『良き家庭の基は、夫婦のあり方にあります。(中略)特に私が強調したいのは、妻のあり方です』と綴るなど、嫁姑関係はうまくいっていないという見方がほとんどで、離婚するのではないかとの報道もありました。待望の第一子しましたが、関係修復には時間を要すると思われていましたよ」(芸能ライター)

 先行きが懸念されていた高島夫婦。だが、「女性自身」(光文社)には仲睦まじく生活していると、報じられている。

 記事によれば、高島は、1億8千万円ほど私財を投じ、慈敬さんの家の隣に豪邸を建築。現在北川の姉夫婦が住んでいるが、いずれは高島一家が引っ越しも考えているという。また同誌の記者が直撃取材もしているが、高島、慈敬さんともに終始にこやかに対応したと伝えている。

「高島は極度のマスコミ嫌いと知られていたのですが、すごい心変わりですね。また4月に出された著書には、慈敬さんの口癖である『先祖への感謝』という言葉が綴られているそうです。一時は『かむながらのみち』から距離を置き始めたという高島ですが、最初の妊娠の際、4カ月の時点で流産を経験したため、その辛い経験を乗り越えるための精神的な拠り所として、慈敬さんの教えを受け入れたのかもしれません。一時は、入信間際とまで言われていましたし、いずれは彼女自身の口から“大切なお知らせ”が告げられるかもしれませんよ」(芸能記者)

 さまざまな苦難を乗り越えつつ、待望の第一子を迎えることができた高島。いずれは、芸能界復帰も視野に入れていると言われる。果たしてアナウンサーとしてなのか、それとも新たな肩書を得てなのか。いずれにせよ、またメディアを騒がすことになるのかもしれない。
(文=本山文七)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

高島彩「教祖義母の教え」に恩返し? 約2億円豪邸を自腹で購入のワケのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル