メキシコの夜空に現れた謎の螺旋光!! 磁気か、ミサイルか、地球外生命体からのコンタクトか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

 先月9日、ロシアのテレビ局「TB3」によって報じられた以下の映像が、現在さまざまな憶測を呼んでいる。まずは問題の映像をご覧頂きたい。

動画は「YouTube」より

 この不思議な螺旋状の光は、今年3月のある夜、メキシコ南東部・オアハカ州の上空に突如として姿を現したという。映像を目にしたロシアの科学者たちからは、磁気の渦やUFO、そして地球外生命体との関係を指摘する声も上がっているようだ。またメキシコでは、2012年10月、気象レーダーに正体不明の巨大な渦巻きが捉えられたことがあり、今回撮影された螺旋状の光との関連も囁かれているという。


■世界で目撃される謎の螺旋光!

 しかし世界には、このような螺旋状の光が目撃された例が数多く存在している。オーストラリア(2010年6月)、ニュージーランド(2011年3月)、モンゴル(2011年6月)、ウクライナ(2011年11月)、イスラエル(2013年6月)、ノルウェー(2013年9月)などのケースがよく知られているが、この中でノルウェーの場合は、ロシア軍による大陸間弾道ミサイルの発射実験失敗が原因であったことが後に判明し、世界を驚かせた。

動画は「YouTube」より


 今回、たとえミサイルの発射実験の可能性が疑われるとしても、一切の公式発表がなされていない現時点で断定することは不可能だ。ミサイルか、磁気か、それとも地球外生命体からのコンタクトか。夜空を明るく照らす、螺旋状の光の正体とは一体何なのだろう。
(モンペ・アザブジュバーン)

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。