• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 死刑制度のないイギリスでは一生釈放されない「終身刑」が最も重い刑である。よほどの凶悪犯でないと、この絶対的終身刑には処されないことになっており、この刑を受ける者は英国だけでなくヨーロッパ中を震撼させた殺人鬼であることが多い。

 今年2月、ジョアンナ・デネヒーという31歳の女性が、その絶対的終身刑の判決を受けた。女性としては史上3人目の絶対的終身刑囚となった彼女は、2メートル20センチを超える大男を従わせ、快楽を得るために5人の男たちをナイフで刺しまくり、3人を殺害したのだ。

 逮捕後も反省することなく大笑いする彼女は、一体どんな人間なのだろうか?


■恵まれた家庭で成績優秀だった幼少期のジョアンナ

jyoanna1.jpg
幼少期のジョアンナ「murderpedia」より

 ジョアンナは1982年、ハートフォードシャー南部の高級住宅地が多いセント・オールバンズに誕生。5,000万円を超えるという家を持ち、安定した職を持つ両親に大切に育てられた。彼女には2歳年下の妹がいるが、「姉はとてもよい子で成績もよく、両親にとても可愛がられていた」「姉と私は、ごくごく普通の家庭で、平凡な子供時代を過ごしてきた」とのこと。しかし、姉と同じく優等生で天使のような顔をしていたはずのジョアンナは、思春期になると別人のように反抗的になり、両親を困らせるようになった。反抗期をこじらせ、酒や麻薬にまで手を出すようになったのだ。

 学校でも酒を飲むようになったジョアンナは何度も停学させられ、万引きで捕まるようにもなった。両親は娘を更生させようとあの手この手を尽くしたが、その思いが彼女の心に届くことはなく、とうとう15歳の時に高校を中退。家出してしまった。

コメント

1:匿名2015年9月19日 16:37 | 返信

ジョアンナには2歳年下の妹がいる、という説明のあとに、急に姉が出てきて文が破綻してるよ。
結局ジョアンナには姉がいたということ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。