ロシアの“超”ミニスカ女性警官が絶滅の危機!! 制服巡り論争「彼女たちは結婚したがっている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

skirt_2.jpg画像は「izvestia.ru」より

 しかし、今回のミニスカート禁止令には早速反対の声も上がった。警察官の組合で委員長を務めるミハイル・プーシキン氏は、「服装のことで咎められる筋合いはない」とインタビューに答えている。プーシキン氏によると、今回ゲラシモフ氏が問題として挙げたことは、内務省が警官たちに十分な更衣室を与えていないことに由来するというのだ。

 しかしプーシキン氏の言葉では、女性警官がスカートの丈を短くしたがる理由を説明できないようにも思えるが……、その点について彼は、

「おそらく女性警官は結婚したがっているのです。彼女たちは統計学的に訪れる出会いの可能性に期待しているのでしょう」

と持論を展開するが、女性警官側の意見も聞いてみたいものだ。


 さて、つい先日まで日本でも「スカイマーク」客室乗務員の新制服がメディアを大きく賑わせていたが、どこの国でも女性のスカートの長さは非常に重要な問題であるようだ。それにしても、ロシアの女性警官のスカート丈は「超ミニ」といえるほどの短さだ。これまで、女性警官のセクシーさに負けて全てを白状した容疑者はいなかったのだろうか。
(モンペ・アザブジュバーン)

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。